スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
くにたち
6月のある日

雨の国立をお散歩






どのお店も住宅街にとけ込むように、ひっそりと佇んでいて
雰囲気がすごくよくて
扱っている物のセンスもクオリティも素晴らしくて
とても好きなかんじ。


なにより国立という街が本当に素敵で

落ち着いた雰囲気に
緑も多くて
空気がおいしく感じられました。東京なのに!


国立は良い。

私は国立に住みたい。 


が 頑張ろう…!


-----

いつも、みんなで会う時はドレスコードを設けています。


この日のドレスコードは
「彼の実家にお呼ばれファッション」

だと、難しいかなということで

「野菜」にしたのですが(AKBにやたら影響を受けている今日このごろ)


なんでか「彼の実家にお呼ばれ野菜」になっていました。。。

かなりの難題…笑


そしてこうなった↓

右から、
タマネギ
ブロッコリーポタージュ
ゴマ…  だったっけ?

私はごぼうサラダよん


みんな、ちゃんとお呼ばれっぽく上品 かつ「野菜」でした。 なんだそりゃ




それから cafe Topinambour でランチして

公園の池でカモの親子を見て


ゆかちゃんちへ


まったり、のーんびりしていたら

何やらごそごそしている姿が

窓ガラスに写って丸見え…笑


私の誕生日をお祝いしてくれたのでしたー!

1歳かあ〜

1歳と書いて三十路と読む。



ゆかちゃんお手製のチーズケーキ すっごくおいしかったなあ〜 
手作りてのがまたうれしい〜



みんな ありがとう☆












otome comments(0) trackbacks(0)
新月マリアの会
2月の新月の夜

「新月マリアの会」 @TORi



このタイトルを聞いた時、ものすごく怖かった。。



簡単に言えば女子会なのですが
いわゆる「女子会」とは違う
と私は思っています。


ドレスコードは マリア様、白、清楚 だし
参加メンバーのことは「マリアズ」と呼ぶし(いつのまにか命名されてた)

ただならぬ空気でしょ。




 




 マリア トイレでお着替え中

 







 そして、


 ろみひマリア完成!

 白いレーシーなハチマキを装着しただけっていう…
 
 かわいすぎるやろ 





ディナーメニューは「女体に効くメニュー」笑↓
女性に嬉しい効能がある食材を使っています。
ホルモンバランスを整え、フェロモン爆発ですっ  …でしたっけ?(テキトー)





 
うつくしい



そして毎度おなじみ 開会宣言

ウ〜 ウ〜  (ここだけはいつも男ぽい。甲子園?)




主催者のろみひマリアはこの日、
論文を書いてきていました。

テーマは「モテ」

モテたいけど自分を変えることに抵抗がある
でもモテるには変える必要がある

この葛藤、すーごくわかる。 


「モテる」という言葉の定義も難しいところですが

つまり 好きな人に好かれたい ということ。



自分らしくないモテしぐさをしても滑稽なだけ?
だったら自分にしっくりくるモテしぐさを見つければいいのか!?


そこでタメになるのは、やはりananだと思います!!!!(そこ)


参考までに萌えるしぐさの一例を↓ (「萌える」と「モテる」は違う?)
「両手でコーヒーを飲む」とか「高いところにあるものを背伸びして取る」とか…
「ほろりと泣く」とか「アヒル口」とか…


アヒル口って自然にできる人と超不自然な人がいるよね。私は後者。

なんとかアヒル口をマスターしたい!!

自分なりにやってみて親に見せたら 無反応…

いたたまれなくなって

思わず「クワックワッ…」て言ったら

やった方も見せられた方もツボにはまってしまい、

何度も何度も アヒル口で 「クワックワッ」 「クワックワッ」 


アヒル口 じゃなくて、アヒルをマスターしてしまいました。  もえ〜



話がおもいっきりどうでもいい方向にそれました。


- - - - -

そんな質問を後から来た男子たちに
ストレートに問いかけ、そして彼らの声を真面目に聴く
ろみひの澄み切った眼差しにきゅんきゅんしてしまった。


 


 














まるで牧師様のお告げを聴くマリアのよう…  


新月マリアの会 本気です。笑







みんなの話はおもしろくて

いつも時間が足りない


いつか朝までパジャマトークしたいな〜  パジャマリア!














otome comments(2) trackbacks(0)
サプライズは棒高跳び 2
つづきです。


当日



M「今日の夜はレストランを予約してあるの。
ちょっといいお店だからお洒落してほしいな。」

と言ってみたら

S「おお〜 まじ!? 嬉しいなー ありがとう!」なんてやっぱり言うはずもなく、

実際は、

S「え?正装? 暑いからヤダ」


確かにこの日は30℃近く。
しかも休みの日にネクタイしてなんて拷問のようなもの。

しかし、みんなが正装で待っている中、Tシャツで登場したら
後々いずらさを感じるのはあなた!!

と思い、私は必死になって、Tシャツを着ようとする彼を説得しました。


そしたら蝶ネクタイ出してきた… 結構ノリノリ 笑




白金台をふらふら


18:00
タクシーには約30分乗車すると、一応調べていたんだけど、
運転手さんに、何分くらいで着きますか?と尋ねたら
「10分くらいかなー」 !!

早く着きすぎて、みんなと鉢合わせになってしまったらどうしようと
内心ひやひや。

そして約10分後、東京タワーに到着してしまいました。

だけど、みんなとは会わず、ほっっっ。

暗雲立ちこめる東京タワー。

さあ、いよいよ、始まりますよ〜
なんだか怖い☆




第2展望台まで登り、景色を堪能。


M「奇麗だね」
S「君の方が…」…

このくだり、一切無しっ 

ていうか、
下で待ってくれているみんなとのメールに、私がいっぱいいっぱいで
それどころじゃなかった。。。

でも、それでよかったと思う…



みんなと連絡を取りながらタイミングをはかっていたのですが
準備万端で、そろそろルックダウンウィンドウの所に行こうかと思ったその時
S氏から予想外の一言が…!

「もっと上まで登ってみよう」

なにーーーー!!!
みんな待ってるのにーーー 汗 


高所恐怖症なんじゃないの!??と聞いたら
怖いけど、ここまで来たら登ってやろ〜じゃないか!きらきら!
と頑張り屋さん根性が出てしまったらしい。。


とっても感動的な一言だったけど
『今日はムリ!!』
心を鬼にして却下しました。 ごめんね〜


いよいよご対面のとき!!

ルックダウンウィンドウに行ってみたら、

中国人観光客(?)が占領して写真を撮っている…


お願いだからどいてくれー!!!
と祈るも、まったくどく気配無く、、

強引に
「わーー怖いね〜、高いね〜」と、ずかずか入っていった私は必死でした。


そして下を覗き込んでみる。




あ〜 みんなが見えるー (白い車のそばの3人)


ていうか隣にある人だかりはなに〜〜 下りたら寸劇しなきゃなのに〜〜 どっかいけー




あ〜〜 手を振ってくれている〜〜〜(気がする)  感動〜〜 


※この写真は微妙ですが、手を振っているのは肉眼でも見えました。



やはりS氏は怖がって覗きませんでしたが
誰かが手を振っているよと言ってみたら、恐る恐る覗き込んでくれました。ほ。


しかし!
連絡をとることと
双眼鏡を用意することと
写真を撮ることと
私の頭はもうひっちゃかめっちゃかで

もたもたしてたらみんなが手を振るのをやめてしまったのです。。。

ああああ〜〜〜



しかも、てんぱってて双眼鏡のピントをあわせることができず
結局はっきり見えなかった。。。。



みんなが
人が大勢いる横で
あの恥ずかしいサングラスをかけて
上に向かって、結構長い間手を振ってくれている…

そんな姿を想像したら、申し訳無い気持ちでいっぱいになりました。 


へんなことさせて本当にすみません。ありがとう〜




地上に下りてみると、
車の影にあやしい人影… 笑

可愛すぎる…



〜サプライズ第一弾 「4jugoのお洒落泥棒」〜


さあ、セリフを…
M「あなたたちは、何者?」

と言う間もなく、

3人はわーーーと走ってきて、

マシャ「ある時は、ハッピーサプライズゲリラ!」
ユカ「ある時はお洒落泥棒!」
オハナ「その名も…」

「4jugo〜〜〜☆」


最後まで言っちゃった… 笑

本当は私もサングラスをかけて、全員で決め台詞を言うつもりだったけれど
ポーズつきの台詞回しに見とれてしまい、
サングラスを出す事さえ忘れていたのでした。



まさかのポーズ付き!



言った後照れる3人。笑

可愛すぎる…


そんなみんなを見て、S氏苦笑。 



気をとり直して、私もサングラスを装着し
決め台詞言うから写真撮って!!とカメラを渡し、(S氏カメラマンと化す)


TAKE2 笑 


最後は全員で決めポーズ。


「今日は、Sを盗みに参りました(ハート)」

も、ちゃんと言いました。 あー寒い。けど楽しい。


そして、S氏連行。




S氏は最初の頃からなんとなくわかっていたそうです。
なぜなら、私がやたら携帯をいじっていたから…


だけど『サプライズはまだまだ続くのだよ』と心の中でにんまり。


芝公園を抜けてLe Pain Quotidienへ。





まだつづく…












otome comments(0) trackbacks(0)
ロケットの中の彼
前後しちゃうけど


5/18


TORiのmashaの 誕生会


いつも企てる側のmashaをびっくりさせたい
という相方makoの呼びかけで
計画された誕生会。


ケータリングで2人が外出している間に
お店をジャックして
帰ってきたmashaを驚かそう!

そして泣かそう!


ていう目論み。ふふふ



プレゼントはロケット付きペンダントにしました。

これに、私の写真でもいれたろか

と思ったけど、さすがにウザイのでそれはやめて、

旦那さんの写真を入れることにしました。
やっぱりロケットには愛する人の写真ですよね☆  うふ!憧れ〜 
私はやんないけど。

そして、

1:私が持っている写真の中から、良さそうな写真を見つけ出し、
2:カラー写真を入れたんじゃ雰囲気無いので、セピア調に加工して、
3:ロケットサイズに切り抜いて
4:セットして、完成!


2〜4の作業は会社でやりました。 スリル満点なOLライフ。



しかし、これは嬉しいだろうっ
うん、絶対感動するはずっっ
我ながら素晴らしいプレゼントができたっっっ

と、鼻息荒く、

仕事後にお店にかけつけたら
すでにたくさんの人たちが準備を始めていて

私も、飾り付けをせっせと手伝いました。



折り紙の輪っか
ほしいと思っていたアイテムを
誰かが作ってくれていて感激!

ああ、誕生会ぽい。



mashaの感極まった表情を逃さないために
yukaちゃんとカメラの予行練習もしました!!!↓
ドアを開けるところから。
 ガチャ

 「え… う、うそ…! み、みんな〜〜」

 そして 泣 

 完璧。

 
肘の影から何やってんだか。



makoから
「バスに乗ったよ」
「今○○通過」
というメールがこっそり届いて
みんながそわそわ。

もうそろそろ着く!というところでお店の電気を消して
みんな息を潜めてバスの到着を待ちました。


。。。。


そんな状態で15分くらい経過…

バスも何台か見送って、、、

一旦電気つけたりして

また息止めて、 吸ってー 吐いてー


この感じ、すっごく楽しい〜〜



ほどなくして、
masha&makoがバスから降りてくるのを確認!

が、mashaさん、こちらを見てにやにやしてる…?



そしてついに! 店の扉が開かれた〜〜

予想
  





(しつこい) 


実際
片手でしたー


じゃなくて、

苦笑


あ、あれ?



どうやら薄々気づいていたようです。

本当にカンがいい子だよ。

サプライズ泣かせ。笑


だけど、奥からご両親が現れた時は本当にびっくりしていました。

それに本当に大勢の友達が集まっていて

これには驚いていたよう。


それもこれも、あなたの人柄ゆえだね。








落ち着いてから例のプレゼントを渡しました。

どきどきしながらロケットを開けるのを待っていたら

ぱか

と開いたその中にあったのは

「ケンちゃんごめん」という文字。。

写真の裏に、
勝手に写真を加工して使ってしまったので
kenちゃんに謝罪のメッセージを書いていたのですが

写真がひっくりかえってしまい、
こんなへんてこな結果に。

しかもぴっちりハマっていて、写真をひっくり返せない〜〜


真っ赤になりながらしばし「ケンちゃんごめん」の文字と格闘していたら
ようやくkenちゃんの笑顔がお目見えしてくれました☆



それを見たmashaが一言 「え、気持ち悪い…」

ガーーーーン
予想外の反応にショックを隠しきれない。。。


どうやらセピア調にした時に、コントラスト強くしすぎて
肌が白く飛んでしまったことが「え、気持ち悪い」の原因のようで。



あ、そう言われると確かに…   ←超失礼。



だけど本当に予想外の反応だったのです。
私なりに一番いい笑顔、一番イケメンのものを選んだつもりだったので。
これは本当です!




そんな、言われたい放題な旦那さまから(調子にのってごめんなさい)

mashaへお姫様だっこのプレゼント。


2人の笑顔がとても印象的でした。

素敵な夫婦♡



しみじみと いい誕生会だなあ と思える会でした。



誕生日おめでとう!            (もう1カ月も前だけど。。)









photo:yuka arigato☆



otome comments(0) trackbacks(0)
ソーメンマン
久々にユカちゃんとゆくもくんに会いに行きました。


その前に、ずっと行ってみたかった
月島のお菓子屋さん つづる でお土産を。

道に迷ってはらはらしましたが
細い路地の奥に発見。
まるで誰かのお家のような佇まいで
がらりと扉を開けてみると、なんとも言えない懐かしい雰囲気の空間が広がっていました。
と言っても、とても小さなお店なのですが。

丁寧に並べられたお菓子はどれもおいしそうで。

自分用にもちゃっかり買ってしまいました。


ゆかちゃん、とっても喜んでくれたみたいで、よかったー
ほんと、おいしいんです。






約半年ぶりのゆくもはもう歩けるようになっていて
おばちゃんは感動してしまいました。


そしておばちゃんは狂ったように写真を撮りまくりました。
我ながら怖い と思いました。




ああ、Uターンもかわいいなんて。



やった〜やった〜 やったかたー

ああ そりゃあ踊ちゃうよね (↑踊ってるわけではない) 




ああ 足見せウォーキングもできるのね しかも片方てのがにくい
 


 

ああ 私をどうしたいのか





そんなこんなでメロメロな私はお宅へお邪魔することに。



ソファの裏に物を落とすのがマイブームのゆくも

クッションの他にも
ティッシュをさっと抜き取って ふわっと落とす を無言でくり返す ゆくも。


ああーーー



 
夕飯はそうめんでしたよ


そうめんは、まず
テーブルに広げるべし。


それから食べるべし。


これがゆくも流。 (?)



気がつくと
手足からそうめんがぶら下がっていて
ソーメンマンと化したゆくも。



ゆくもの通った道にはそうめんが…! 笑




壮絶な食事シーンを目の当たりにして

それに動じないユカちゃんに

母としての器のでかさを感じました。


すごいなー

ほんと、尊敬するよ。





いつか、そうめんってのは
器に入れて、先っちょをおつゆにちょっとつけて、あ、わさびなんか乗せちゃったりして
ずずずっとすすって食べるべし
とか粋なこと言っちゃうんだろうなー 


これから多くのことを学んでゆく
子供の可能性
未知数


「最高レベルのわんぱく」の称号を持つゆくもだけに

わくわくも最高レベル。







やっぱり名前入りうちわ作ろう! ピンクのわしゃわしゃがついたやつ。 



 
otome comments(0) trackbacks(0)
26歳の記録
記憶なんてあっという間に薄れてしまって
昨日のことだってあやふや。

何も残してなかったら、本当は忘れたくなかったことだって
もしかしたらもう二度と思い出さないかもしれない。


それって、すっごくもったいない て思う。





7月末

1冊の本が完成しました。



それは26歳の私たちの記録。



2年前の夏の日

トランクにたくさんの洋服や靴やアクセサリーを詰め込んで

私たちは、

今の自分と憧れていた夢を

かたちとして残しました。



それらを2年という歳月をかけて(中盤忘れてたけど…)

コラージュしたり
編集したりして

やっと本にすることができたのです。




この本は4冊限定。

私たちだけの、秘密の本です。




ページをめくるごとにあの時の光景が鮮やかに甦ってくる。


歳を重ねても色あせることのない瞬間。




宝物です。

 








「記録」は
今を残すこと。 
過去を振り返るためのもの。 

だけではない。


私の場合、


記録したいから、

新しいことに挑戦したい
新しい場所へ行きたい
新しい人に出会いたい

と思うようになりました。



記録することは

未来を切り開くこと。








またその時期がやってきたら、「記録」しましょうね、4jugo! 








otome comments(2) trackbacks(0)
誕生日
6月21日 


誕生日は有休をとりました。

久々の4jugo集合。

4jugoメンバーは、最近おめでたいことづくし。
私の誕生日会というよりは、みんなのお祝い会がしたくて。


4jugoで集まるときはドレスコードを設けるのがお決まり。
今回は、

「Day Dream」


自分で言っておきながらなんのこっちゃって感じ。笑
みんなも相当頭を悩ませたようです。ごめんねー



国分寺にある cafe Slow でランチ。
オーガニックカフェでもあり、赤ちゃん連れのお母さんにも優しいカフェなのです。

そう、この日は私たち4人の他に+赤ちゃん1人。「4jugo+Y」でした。



Y=yukumo。
どーーん

大迫力。



またの名を「ゴブリンジュニア」。
なんともかわいらしいゴブりっぷり!  ※ゴブる=アゴがすごいことになる




yukumoは生後4カ月。
生まれたての時に比べると本当に大きくなりました。
赤ちゃんの成長スピード半端無いですね。

yukumoはハイハイもまだなのですが、
ハイハイよりも歩行よりも

飛びたがっていました。

どぴゅー


将来の夢はスーパーマンかな?
おばちゃん全力で応援します。





おばちゃん、必死です。






ユカちゃんが密かにデザートを頼んでいてくれました。

5月に誕生日を迎えたmashaと私のバースデープレート!

ケーキ無いって言ってたのに!騙されたー 

ありがとうね。






それからユカ家にお邪魔して、
ずっとおあずけになっていた乙女映画の代名詞とも言える作品、
「ひなぎく」を鑑賞しました。

ビジュアルはすっごく乙女なんだけど
歴史的な背景を知って観ると、
ただかわいいだけじゃない
彼女らの自由な振る舞いも
違った意味を持ってくるなかなか奥深い映画なのです。

でも、やっぱりファッションは本当に可愛い。
参考にしたいものがたくさんあります。




夜、ユカちゃんの旦那さま帰宅。
yukumoがとっても喜ぶ高い高いをやっていただきました。


「たかいたかーい」
「ゆうたいりだつー」


「高い高い幽体離脱」になってしまいました。
やっぱ動きあるものを写真におさめるのは難しい。


しかし、そこはカメラ命(?)の私です。
負けない!!!


何度もトライした結果、最高の1ショットが撮れました!


きゃーん

かわいいね!



でもお父さんの手がホラーです。笑








4jugoでは久々の再会だったので、
yukumoにメロメロになりつつ
たくさんおしゃべりしました。


みんなそれぞれの道を歩んでいっています。

いつものことながらいい刺激をたくさんもらえるメンバー。

出会えたことに感謝。






otome comments(2) -
一夜限りのお嬢様
10日


久々に“4”でお洒落をして集まりたいね

という話になって

「4忘年会」を開催しました。




この日のドレスコードは


「お嬢様」。  笑



いい歳して恥ずかしい…   でも、お嬢様やってみたかったんだよね




私は、
黒のフリフリツイードのトップスにオフホワイト×シルバーのゴブラン織りミニスカート
黒のアンクルブーツ
髪は下ろして、コサージュ付きヘアバンドをしました。

本当はもっと「やぼったいお嬢様」やりたかったけど無理でした。(私にしかわからない世界。)







ディナーの前に東京都現代美術館で待ち合わせ。

なんやかんやで一番乗りだった私は

マコが働く現代美術館内のレストランcontentでお茶をしながら待つことにしました。



入ってすぐ、スタッフの方に頼んで
仕事中のマコをわざわざ厨房から呼び出してもらいました。

この自分勝手なところ、まさにお嬢様。 


見た目も心もなりきっております。 なんつってー 迷惑千万







厨房から出てきたマコは私を見てこう言いました。

「それ 地毛?!」


それを受けて私は『髪がすごく伸びたからつけ毛だと思ったのね』と思いました。
エクステ的な?!



だけど軽くショックをうけました…










お嬢様と言ったら、ロイヤルミルクティー
と言いたいところだけど、ティーにはミルク入れない派なので
ハニージンジャーレモンティー 的なものをオーダーしました。


〜お嬢様のafternoon tea〜

うふ!



お好みでシロップを入れて とのことだったので
入れることにしました。


おしとやかに。

うふ!




じゃばーー



こぼしました。


それを写真に撮るお嬢様。


そしてこっそり掃除するお嬢様。


よりによってシロップだったのでテーブルがベトベトー
心の中でお店の人に謝るお嬢様。『ごめんなさいごめんなさい』







遅れて2人がやってきました。

mashaは私を見るなり

「ヅラみたい」と言いました。  ガーン…




ヘアバンドを取ったら髪の毛も一緒にヅル〜と取れちゃいそうと言われました。
さっきのマコの言葉の本当の意味を知りました。

ものすごくショックでした。



張り切っておめかししたのに「ヅラお嬢様」って… 




本当は着替えに帰りたい気分でしたが

開き直って「ヅラお嬢様」で頑張ろうと心に決めました。


お嬢様のど根性です。 もしくは「ど根性お嬢様」。 





もうどうでもよくなってたりして…                  










現代美術館では

ラグジュアリー:ファッションの欲望
レベッカ・ホルン展

を見ました。


この日記が長くなりそうなので内容については省略!


一言言うならば、ファッションて嬉しい 楽しい 大好き! て思いました。










それからお嬢様方は銀座へ。



ラデュレに行ってみたかったの。

内装がマリーアントワネットの世界で
まさに「お嬢様」のためのお店。=「私たち」のお店。

この強引な発想、お嬢様っぽーい  


(マリーアントワネットならお姫様じゃない?なんて野暮なことは言わない言わない。)




しかし、メニューを見てこれまでのテンションが…


カンパリオレンジが1400円ってー

前日に神田の居酒屋で飲んだカンパリオレンジは480円だったぞー!



そしてお嬢様たちは

「お水ください」と言ったのでした…




メニューも
期待していたのとちょっと違って、

ただ、デザートはさすが!!


美味しかったです。


美味しかったのですけど、

ケーキやマカロンをきちんと4等分にして、お皿を回しながら食べるってのは
少々ひもじさを感じずにはいられませんでした。


なんか…中華料理屋に来てるみたいだったなあ。笑






料理はいいとして、


一番の残念ポイントは店内で写真撮影不可ってこと。


それを楽しみにお洒落してきたのにー



でも、はいそうですかって引き下がるお利口さんのお嬢様だと思ったら大間違いよ!!

ふんっだ!!! 笑


※何が起こったのかは想像にお任せしますわ! おーほほほ! (悪)












ドレスコードを「お嬢様」という漠然としたものにしたら

4人それぞれの解釈でコーディネートしてきて

おもしろかった。



mashaはパリの「お転婆なお嬢様」。昔の少女マンガみたいでした。
ユカちゃんはロシアのお嬢様。その名も「ユカコフ」。(○○コフって男の名前ぽいけど…)
Ohanaはブルガリアのお嬢様。またすごいところから来たもんだ。笑


masha以外はその場のノリー



ちなみに、私は、細かな設定とか全く考えてなくて
「ザ・お嬢様」でキメていったのですが…



みんなから

「リカちゃんみたい」と言われたので

「香山リカ」↓に決定。   決定されてもどうしようもないんだけど。





だけど、
みんなが言っている「リカちゃん」は
たぶんこっち↓

 









 昭和色強し。 




ていうかリカちゃんてお嬢様なのかな?と思って調べてみたら
パパ:音楽家、ママ:デザイナー 
即お嬢様に認定されました。 



それにしてもリカちゃんサイトの存在を初めて知ったのですが、とても面白い!!→★

内容の充実ぶりに感動しました。


まだ「リカちゃんでんわ」があるってことにも感動!!
昔電話したなー 懐かしいなー  
でも、もう電話しないよ。 電話してる姿(自分)を想像すると悲しくなるから。




そして、一番感動したのが


リカちゃんブログの存在。



結構マメに更新されているー
しかも内容!! 楽しいー 好きー




私、これを仕事にしたい…  リカちゃんとしてブログを更新したい。。。
 
募集してないかなー 

タカラトミーに就職しないとダメだよねー (本気) 




 







ラデュレを後にして、

なんだかこのまままともに写真も撮れず終わりたくないと思い

銀座の街でなんとかしようとしたら


ちょうど、ショーウィンドウの電気が消え

ちょうどクリスマスツリーの電気が消え

真っ暗。



どこまでもついてないお嬢様たちでした。



やっぱ庶民は庶民らしくがいいのかもね。


背伸びして空回った感が強い「4の忘年会」でした。




あ、空回ってたのはリカ様だけか。







消灯間際に撮ったミキモト前のクリスマスツリー。

「真珠王」に雰囲気ぶち壊されたー  どこまでも残念。





otome comments(2) trackbacks(0)
Happy Surprise Guerrilla Returns 2
当日



私は早めに現場入り。
mashaと準備&リハ。 



前回の失敗を繰り返さぬよう、入念にリハーサルを行いました。

失敗しては繰り返し。


ふっと現実に戻る瞬間は、「私たちいったい何やってるんだろう」とツッコミつつ。
それでも上手くいかせたいという気持ちは強く(?)

セリフや立ち位置の確認確認っと。



まあ、変な気分でしたがめちゃくちゃ楽しかったです。







そして、ついに子羊Aがやってきました!




私はトイレへ隠れます。



チャイムが鳴って、マシャイドが「どうぞー」ガチャリ。ドアが開きます。

「手をあげな!」とマシャイドが言っています。

子羊A困惑している様子。
しかし、冷静な子羊A。「ちょっと待ってね、カメラカメラ。」
子羊A、緊迫感ゼロ!!「パシャ」「パシャ」(マシャイドの写真を撮っているようだ)

なかなか進まない〜 泣



しびれを切らしたマシャイドがアドリブでその場をつなぐ!

「今日はモニー&マシャイドの復活祭よ!!」


モニー『ふ、復活祭?! 祭りだ祭りだーってか!』
(爆笑を必死でこらえるトイレの中(字余り))


なんだかごたごたしてましたが、無事子羊Aが部屋の中へ入りました。



そして、モニーが登場。



さあセリフが始まりました。

モニー「また会ったね子羊ちゃん」
マシャイドが続きます!
マシャイド「ごめんなさいね。今日の料理教室は実は罠なの。今日の材料は子羊。
メインディッシュはそう、おまえよ!」

え!!!

「メインディッシュ」私(モニー)のセリフだよーー!!!


次に言うセリフを言われてしまいパニクるモニー!!

子羊Aではなく、モニーが「ガーーン!」 笑


とりあえず、重複してしまいますが、自分のセリフを言いました。
前に進まない劇です。




それからは結構うまくいったのかな。よく覚えていません…



歌のシーンではぐるぐる囲みながら歌うはずが、
3人一緒にあっちいったりこっちいったりのだんご状態。  あぁ〜 邪魔邪魔。


最後の「ハッピバースデー トゥー ユー♪」の「ユー♪」でまさかのマシャイドのハモリが入り

モニーびっくり。



で、フィニッシュ。





ごったごたでしたが、なんとか脚本通り進められました!







さあ、、第2弾に向けて子羊Aもゲリラ化。





子羊Bがやってきました。





チャイムが鳴って、「どうぞー」とマシャイド。

しかし、子羊Bなかなか入ってこない。。。

こちらがドアを開けるまで入ってこない様子。おーーーい!!

仕方なく、私がドアを開けました。

開けた瞬間、「?!」 そ〜とドアを閉めようとする子羊B。 おおーーーい!!

必死でドアを開けさせるモニー!
閉めようとする子羊B!

「手をあげな!」「早くお入り!」とか玄関で騒いで、
近所の人に聞こえてたらと思うと恥ずかしくてなりません。

しかし、そんなこと考える余裕なんてなかった。だって、脚本が!脚本があぁぁ!!(脚本命)


なんとか中に入れるも、子羊Bが
「あれ!?桃ちゃん??」を言ってくれないと始まれないのですね〜


てその時気づく。 いや、絶対言うという確信があったのです。


しかし、子羊B言わず!!!      みごと裏切られた脚本家モニー…



もう言わないなーと悟ったモニーは自ら「私は桃ちゃんとやらではないわ。」と言いました。

いや、誰も聞いてないし。って心の中でツッコミながら!



その後は、大女優マシャイドと新人女優オハナが完璧に演じきり、

最後の歌も、まさかまさかのマシャイドによる連続ハモリでフィニッシュ。 





みんな汗びっしょりでした。 色んな意味でアツかったです。






大成功だったのか、、そこんところはよくわかりません。 笑







その後、子羊Bもゲリラ化させ、
なぜか「Happy Surprise Guerrilla 4jugo」が誕生。 (意味分かんなくていいです。)

そして、色々と(笑)記念撮影。
(2009年9月15日、ふすまの前にて。)


 

  ちっちゃ!








それぞれの手には、武器!! 


危険な香り…











 



 ひっくり返すのは大得意、マシャイド!






 


 魔法のように泡立てるわ、ミス・オハナ!





 



 余分なものは落とします、シャーロック・オウルズ!
 




 



 すくってすくってすくいまくる!百戦錬磨の、モニー!

















くだらね〜〜〜〜



シャーロック・オウルズなんてただの親父ギャグだし。 



ていうか、ゲリラなのか探偵なのか。。。 もう、なんでもござれです。



 




というわけで、乙女による乙女のためのサプライズ劇場は本当に幕を閉じたのでした。





こんな終わり方かい! ^0^;/










otome comments(4) -
Happy Surprise Guerrilla Returns 1
15日



Ohana&Yuka誕生会


mashaによるお料理教室




今年の誕生会はどんなサプライズにしようか、全然思いつかなくて

結局数日前に言われたmashaの一言で、アレをやっちゃうか!と決断。



アレとは、

知ってる人は知っている けど、知らない人は知らない(当たり前)

「ハッピーサプライズゲリラ モニー&マシャイド」

です!!




これは、映画「俺たちに明日はない」の主人公、ボニー&クライドをパロったもの。
(パロったのは名前だけっていううわさ。)



まあ、簡単に言うと、寸劇です。







というわけで、一日がかりで脚本を作りました。   私っていったい…(←ちびまるこの影響)

前回はA42枚でしたが、今回はパワーアップしてA43枚に!! 笑

 




←2008年版 







↑2009年版(PDF)

「リターンズ」ってかっこつけてみたり。

「スーパーマン リターンズ」を参考にしました。    あ、どうでもいい情報ですね!









2009年版のタイトルは、


『れっつ ☆くっきんぐ!! ハッピーサプライズをめしあがれ♡』

 サブタイトル:『ドアの向こうでゲリラが手招き』




お料理教室とかけてみました。   しーん  






出来上がった脚本の一部分をご紹介します。

私の汗と涙と肩こりと目の疲れの結晶をどうぞお楽しみあれ!





***





概要:「お料理教室」 なんて乙女な響き… 
   しかしそれは“モニー&マシャイド” による恐ろしい罠だった。
   そうとは知らずルンルン!とやってくる2匹の子羊たち。
   何も知らずドアを開けた瞬間、2匹を驚愕の事実が襲う!
   そう、そこは“モニー&マシャイド” に占拠されたお料理教室だったのだ!
   恐怖のお料理教室が今始まる!!   (なんかイケナイビデオみたい…)

衣装:秋を意識した乙女スタイル
   汚れても平気(油やソースが飛んだり♪跳ねたり♪する可能性があるため)
   スカーフ・サングラス (予備1セット持っていきます)エプロン

小道具:オタマ・フライ返し等の調理器具(武器)、花

場所:マシャイドの家 







◆第1弾 子羊A 襲撃

15 時 子羊A がやってくる

子羊A:るんるん ピンポーン♪ 「オハナです」

マシャイド:影に潜み「どうぞー」

ガチャとドアをあけた瞬間マシャイドが飛び出る!

マシャイド:「手をあげな!」

子羊A:びくびく 手をあげる 

マシャイド:「靴を脱いでおあがり!」  ※手がさがっちゃうけど仕方ないか

子羊A 恐る恐る中に入る 
   するとトイレに潜んでいたモニーがゆっくりとドアを開け出てくる。 (ジャー)ガチャ 

子羊A:びっくり

モニー&マシャイド:子羊A を囲む

モニー:「また会ったね 子羊ちゃん」

マシャイド:「ごめんなさいね。今日の料理教室は実は罠なの。
       今日の材料は子羊。そうおまえよ!!」

子羊A:ガーーン!  

モニー:「フフフ… あなたが今日のメインディッシュ! 料理してくれるわー!」(時代劇風)

※モニーが「メインディッシュ!」て言った時、
マシャイドは垂れそうなヨダレを吸い上げる「じゅるっ」

マシャイド:「さあ、材料がそろったわ! 歌いましょう!!」

モニー:「OK !」

モニー&マシャイド:「れっつ☆くっき〜んぐ!!」

子羊A の回りを歌いながらぐるぐる 「ハッピーバースデートゥーユー♪」ヒューヒュー!!


◆ハッピーサプライズゲリラ第1弾終了




※第2弾では子羊Aもゲリラ化させちゃう。




◇第2弾 子羊B 襲撃

15 時20 分 子羊B がやってくる

子羊B:るんるん ピンポーン♪ 「ユカです」

マシャイド:影に潜み「どうぞー」

ガチャとドアをあけた瞬間モニーが飛び出る!

モニー:「手をあげな!」

子羊B:「あれ!?桃ちゃん??」  手をあげる (桃ちゃんは遅刻すると嘘をついていたのだ)

モニー:「私は桃ちゃんとやらではないわ。さあ靴を脱いでおあがり!」  
    ※手がさがっちゃうけど仕方ないか

子羊B 恐る恐る中に入る すると お風呂に潜んでいたマシャイドがゆっくりと出てくる。

マシャイド:「フフフ いらっしゃい♡子羊ちゃん。」

子羊B:びっくり

オハナ:トイレに隠れていたオハナ登場。 (ジャー)ガチャ

子羊B:びっくり

オハナ:「悪の世界はスリリング… 私もついにハッピーサプライズゲリラの一員よ。」

モニー&マシャイド&オハナ:子羊B を囲む

マシャイド:「ごめんなさいね。今日の料理教室は実は罠なの。今日の材料は子羊。
       そうおまえよ!!」

子羊A:ガーーン!  

モニー:「フフフ… おまえが今日のメインディッシュ!」

※モニーが「メインディッシュ!」て言った時、
マシャイド&オハナは垂れそうなヨダレを吸い上げる「じゅるっ」

マシャイド:「さあ、材料がそろったわ! 歌いましょう!!」

モニー&オハナ:「OK !」

モニー&マシャイド&オハナ:「れっつ☆くっき〜んぐ!!」

モニー&マシャイド&オハナ:子羊B の回りを歌いながらぐるぐる 
              「ハッピーバースデートゥーユー♪」ヒューヒュー!!




◇ハッピーサプライズゲリラ第2弾終了





***




少々強引なところもありますが、
なかなかうまくできたかなーと。 
「料理教室」がうまくからんでるでしょ?                       なんつって!





前回は、登場から笑いが止まらなくて、
セリフも忘れたり噛んだりめちゃくちゃでした。



前回のリベンジをするべく、帰ってきたモニー&マシャイド!


果たして上手くいくのか!!



どきどき!

わくわく!







※私たちはいったい何なのでしょうか… 大丈夫かな…









otome comments(0) -
| 1/2 | >>