スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
TOKYOL
ずーーーーーーと前
よしこ家でホームパーティをしました。



シチューフォンデュなるものを作ったよ!
ホットプレートでできちゃうんです。 
パン、野菜、鶏肉、エビやホタテの魚介と具沢山で飽きない!
とってもおいしかったです!!



いぶりがっこ+チーズてあうのねー 新しい発見!



よしこ作のサングリアもおいしかったー







この日はゆかの誕生会。

かわいいケーキ





一斉に入刀。

プレートの傾き具合が入刀の勢いを物語っています。。


手がこわい




 
HAPPY BIRTHDAY ☆ YUKA


なんだか魔法使いみたい!











Tokyo OL comments(0) trackbacks(0)
なんでもない日のおめでとう
久々の東京OL会。
今回は私が幹事となって
丸の内のresonanceというお店を予約しました。

以前、一度ランチで行ったことがあったのだけど
お料理もおいしいし
たまにはこういう雰囲気も良いかなと思って。




森田泰道氏がデザインした店内は
「都会の中の小さな森」がコンセプトというだけあって

木のぬくもりがありつつ
モダンで洗練されたインテリア。


 
ランプシェードの中にも森





↑すっごくOLぽい。笑





お料理の写真を撮り忘れてしまったけれど
やっぱりどれもこれもおいしかったです。

あとは、盛りつけ方とか、とても奇麗で勉強になるー

と思ったんだけど、遠い記憶で、忘れちゃったかもー





この日は色々なお祝いのために集まった日でした。


最近誕生日を迎えたYOSHIKOと
最近ご懐妊のJURI

4人中2人が「おめでとう」だったので

せっかくだからYUKAも「おめでとう」ということにしちゃいました! へへ





特になんでもない日でも

いいんじゃない??



便乗して自分の名前も入れてもらおうかと思ったけど、

さすがにそこまで図々しくはなれなかったです。。





とにかく みんな おめでとー





次回のOL会も楽しみ!













Tokyo OL comments(0) trackbacks(0)
秋田いいとこ
28日




佳子&ゆかと銀座にある「なまはげ」というお店に行きました。


私は幼稚園〜小学校1年まで父の仕事の関係で
秋田に住んでいました。

最近妙に秋田が懐かしくなる時があって、
断片的な記憶を辿る旅をしてみたいと思ったりします。

小学校までの道のりとか
公園の広さとか

あのころは全てが長く、大きく感じていたのだろうなと思う
きっと今訪れたら、私の行動範囲の小ささを実感するのだろう

ああ、秋田行きたいー



という、秋田に特別な想いがある私ですので
「なまはげ」に行くことをとても楽しみにしていました。


だからファッションにも気合いを入れました。

そう、「なまはげファッション」です。 
いやいや「秋田ファッション」です。


秋田ファッションてなんだろう…

よくわからないのでいつも通り私の強引なこじつけで

秋田=昔私が住んでいた=秋田時代に自分がしてた格好=イモ娘

ということで「イモ娘ファッション」でいくことに。

カウチンニットの変形版的なニット+デニム (チェコの時もこのニット着てたな…)
髪型は大山のぶよ(ドラえもん)ヘアー+リボン
このイモ娘ファッションで仕事をし(一応アパレル)
ホステスだらけの銀座の街を歩いた私って


結構浮いてる…



現に同期には笑われました。かわいいねって。(単なる「かわいい」という意味ではない)


 

この「なまはげ」にいる2時間弱のために

一日浮いてた私のプロ根性。            頭おかしいです。










〜そして夜〜

念願の「なまはげ」


店内はとても雰囲気があって、
私たちはかまくらに見立てた個室で料理をいただくことに。




地ビールの「秋田美人のビール」を飲んで
秋田美人になれるかな?!と期待しつつ…

念願のきりんたんぽ鍋も食べられてすっごく満足!
もちもちきりたんぽ んめぁー(おいしいー)



ここのお店の楽しいところは「なまはげショー」があるところ。

ショーが始まる頃になると
秋田弁のアナウンスが流れます。「もうすぐ始まるから席さついてけれー」みたいな。

そのころ私は…トイレを破壊してあたふたしてました。


そして、
いよいよショータイム!

イケイケの音楽とともに

なまはげが来た!!!

かまくらの入り口が低いため、足下しか見えないのが恐怖感を増幅させるのだ。






そして






悪いごはいねがぁ〜〜





「ぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!」




私はここが銀座だということを忘れて、頭のてっぺんから悲鳴を上げていました。
完全に自分を見失っていました。今振り返るととても恥ずかしいです。




そしてなまはげは次の獲物(?)を求めて去って行きました。





あまりの怖さに私は体からアドレナリンが出ているのを感じました。



怖いけれどもなまはげが気になる。

私は個室の入り口から顔だけ出して
なまはげの動向を追いました。



あ、向いの個室からなまはげが出てきた!
 
あ、腕が生々しい。




そしてなまはげは「うおー うおー」て言ってたか忘れちゃったけど
また次の獲物(?)を求めて奥へ消えて行きました。



顔だけ出してなまはげにびくびくしていたら
向かいの個室のおじさんとばっちり目が合ってしまいました。

いやん






一段落してたら…




また来た!!!







泣ぐごはいねがぁ〜〜
青はげ ぴんぼけ。




そして私はまた我を忘れて悲鳴を上げました。

でも悲鳴を上げつつも写真撮りまくっているなー       変な光景。



そして彼も去って行きました。






ちなみに、佳子は数日前にも来ており慣れている様子。

楽屋に戻りそうななまはげをあえて個室へ呼び寄せるほどの落ち着きっぷり。


「こっち来てー」てなまはげをペットのように呼ぶ佳子。 


そして来るなまはげ。



そして世間話を始める佳子。

「その衣装いくら?」    って。笑


なまはげは怖い声ながらもきちんと返していました。
でもその内容は忘れました。



そして一緒に写真を撮ってもらう私たち。
出刃包丁を頭に刺すなまはげ(グサー)       と        ピース




そしてツーショット
もともと顔が赤いなまはげと
秋田美人のビールのせいで顔が赤い私。


仲良し赤ら顔カップルのようですね。




しょうがないから私もなまはげにしちゃえ!(合成写真)


「秋田美人のビール」で秋田美人になれるかと思いきや

なまはげになってしまいました。 




「秋田美人のビール」怖えー






写真が済んだらナマハゲモードスイッチON



悪いごはいねがー

悪いごはすぃあぶり(火炙り)

にするぞー






すぃ… せ あぶり??





 背脂じゃ

 ねぇ!!(怒) 










『背脂なんていってねぇ』と思いながらも
「ツッコミつつボケるなまはげ」に感動しちゃって、ちょっと嬉しい桃ちゃんでした。







悪い子は火炙りにするなんて言ってますが

なまはげは私たちを見て、


んだども

こごさいる子は

みんなええ子そ

だな




と言ってくれました。 きゅーん!


私は調子にのって「いい子そうでしょ〜!」て言ったら
すかさずなははげが



本当にええ子は

おいのことどご

ええ子なんて

言わね






と、怒られてしまいました。

でも嬉しい。(M)











完全にネタバラシしてしまいましたが

本物はこの写真の100万倍くらい迫力があって怖いので

げんなりせずにぜひ行ってほしいです。


その際、なまはげと話したいことを考えていくといいと思います。









あー んだどもやっぱりおれは本物の秋田に行きて







※私は秋田弁は一切喋れません。






Tokyo OL comments(6) trackbacks(0)
アフタヌーンティー
もうすぐ今年が終わっちゃう!!
年末の出来事を書かなくてはーー




23日



久々の東京OL


「東京OL」というユニット名(?)だけど
4人中東京出身者 0人 ていうなんともテキトーなネーミング

だけどそんなところが好き。






この日、東京OL一行が向かったのは

パークハイアット東京


ぐぐーーん



目的は、アフタヌーンティーよ。  





41階のピークラウンジは、空中庭園のよう。
自然光がたっっぷり差し込むこのフロアー、
中央には小さな竹林が !









眼下に広がる町並み
この日はすっきり冬晴れだっため、遠くまでよく見渡せました。





富士山も結構大きく見えました! あー幸せ!
肉眼の方がもっとはっきり見えたよ







この3段のお皿が憧れだったのです。


嬉しいー


そしておいしいー


私はスコーンがとても気に入りました。
ふかふかでほんのり甘いスコーン。





他にもデザートやご飯的なものも何回も持ってきてくれるし
飲み物は飲み放題(この言い方安ぽいな〜)

ハーブティが香りよし味よしで、本当においしかった!





とてもいい気分でした。
ホテル、さすがやねー





ちなみに、この日のドレスコードは、

「お見合い」。↓


やっぱお見合いはパステルカラーのカーディガンでしょう。そうでしょう。




一人で勝手に決めたものですが

ホテルでお茶=お見合い ていういつもどおり単純な発想です…



出がけに母に「今日は何があるの?」と聞かれたので、

「お見合いだよ。」

と言ったら、

「良い人つかまえてきなさいよ!!」と激励されました。



こういうやりとりが空しさを倍増させるのである







ところで、
パークハイアットにはキャラクターがいるのかしら?
メニューにも、エレベーターにもこの人がいました。


この人は誰? 何?

どうしてこんなに下ぶくれ??



だけど嫌いじゃないです。 むしろ好き。









アフタヌーンティーを終えたら新宿駅まで移動。
白いコートの2人

まさにモテファッションです。
さらにポイントは、
コートとブーツの間の足が見える部分。「微妙に」見えるのが良いとか。。

ここを「絶対領域」と言うのだそう。
それは女子としてとても大事な領域だそうで、

調べてみたらwikipediaにも載ってた!
なんでも「オタクが使う萌え用語」なんだとか。。。。 


ここに萌えるのか〜 

でも寒いー そしてロングブーツを持ってない私としては「絶対(できない)領域」。

残念でしたー べろべろべー


尾行するイカ。笑
あ!イカにも「絶対領域」があるー!!  


無いのは私だけか…↓









新宿駅に向かったわけは、

「ジュリー&ジュリア」を観るため。

実在の料理研究家ジュリア・チャイルドと、ジュリアに憧れる現代のOLジュリー
50年の時を隔てた2人の女性の人間ドラマを描いた映画です。


ジュリア演じるメリル・ストリープの演技がすごかった!
ジュリア本人がのりうつってるみたいで。 本人知らないけど。

どんな時も笑顔で明るく前向きなジュリアという人
本当に素敵。憧れます。あんな女性になりたい。


ジュリアにしてもジュリーにしても、

努力すること
諦めずに続けること
そして発信したものが世間に評価され
支えてくれる頼もしいパートナーがいる


女性にとっての夢がたくさん詰まった映画でした。






ジュリーは料理×ブログだったけど、
私には何ができるかな。


私にできること 探そう。







悩みは尽きることはないですね。

素敵な女性になりたいという気持ちはあるのだけど

何から始めたらいいのやら



憧れる人はたくさんいるけれど

だけど誰かの真似だけじゃきっとダメ。


自分の型にカチっとはまってググっと広げてくれるものを見つけなければ。


まずは自分自身を知らないといけないな。


自分の良いところ 悪いところ
何がしたいの
どうなりたいの







うーーーーーーん









新年に向けてこっそり書き出してみようと思います:〉










Tokyo OL comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |