スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
一夜限りのお嬢様
10日


久々に“4”でお洒落をして集まりたいね

という話になって

「4忘年会」を開催しました。




この日のドレスコードは


「お嬢様」。  笑



いい歳して恥ずかしい…   でも、お嬢様やってみたかったんだよね




私は、
黒のフリフリツイードのトップスにオフホワイト×シルバーのゴブラン織りミニスカート
黒のアンクルブーツ
髪は下ろして、コサージュ付きヘアバンドをしました。

本当はもっと「やぼったいお嬢様」やりたかったけど無理でした。(私にしかわからない世界。)







ディナーの前に東京都現代美術館で待ち合わせ。

なんやかんやで一番乗りだった私は

マコが働く現代美術館内のレストランcontentでお茶をしながら待つことにしました。



入ってすぐ、スタッフの方に頼んで
仕事中のマコをわざわざ厨房から呼び出してもらいました。

この自分勝手なところ、まさにお嬢様。 


見た目も心もなりきっております。 なんつってー 迷惑千万







厨房から出てきたマコは私を見てこう言いました。

「それ 地毛?!」


それを受けて私は『髪がすごく伸びたからつけ毛だと思ったのね』と思いました。
エクステ的な?!



だけど軽くショックをうけました…










お嬢様と言ったら、ロイヤルミルクティー
と言いたいところだけど、ティーにはミルク入れない派なので
ハニージンジャーレモンティー 的なものをオーダーしました。


〜お嬢様のafternoon tea〜

うふ!



お好みでシロップを入れて とのことだったので
入れることにしました。


おしとやかに。

うふ!




じゃばーー



こぼしました。


それを写真に撮るお嬢様。


そしてこっそり掃除するお嬢様。


よりによってシロップだったのでテーブルがベトベトー
心の中でお店の人に謝るお嬢様。『ごめんなさいごめんなさい』







遅れて2人がやってきました。

mashaは私を見るなり

「ヅラみたい」と言いました。  ガーン…




ヘアバンドを取ったら髪の毛も一緒にヅル〜と取れちゃいそうと言われました。
さっきのマコの言葉の本当の意味を知りました。

ものすごくショックでした。



張り切っておめかししたのに「ヅラお嬢様」って… 




本当は着替えに帰りたい気分でしたが

開き直って「ヅラお嬢様」で頑張ろうと心に決めました。


お嬢様のど根性です。 もしくは「ど根性お嬢様」。 





もうどうでもよくなってたりして…                  










現代美術館では

ラグジュアリー:ファッションの欲望
レベッカ・ホルン展

を見ました。


この日記が長くなりそうなので内容については省略!


一言言うならば、ファッションて嬉しい 楽しい 大好き! て思いました。










それからお嬢様方は銀座へ。



ラデュレに行ってみたかったの。

内装がマリーアントワネットの世界で
まさに「お嬢様」のためのお店。=「私たち」のお店。

この強引な発想、お嬢様っぽーい  


(マリーアントワネットならお姫様じゃない?なんて野暮なことは言わない言わない。)




しかし、メニューを見てこれまでのテンションが…


カンパリオレンジが1400円ってー

前日に神田の居酒屋で飲んだカンパリオレンジは480円だったぞー!



そしてお嬢様たちは

「お水ください」と言ったのでした…




メニューも
期待していたのとちょっと違って、

ただ、デザートはさすが!!


美味しかったです。


美味しかったのですけど、

ケーキやマカロンをきちんと4等分にして、お皿を回しながら食べるってのは
少々ひもじさを感じずにはいられませんでした。


なんか…中華料理屋に来てるみたいだったなあ。笑






料理はいいとして、


一番の残念ポイントは店内で写真撮影不可ってこと。


それを楽しみにお洒落してきたのにー



でも、はいそうですかって引き下がるお利口さんのお嬢様だと思ったら大間違いよ!!

ふんっだ!!! 笑


※何が起こったのかは想像にお任せしますわ! おーほほほ! (悪)












ドレスコードを「お嬢様」という漠然としたものにしたら

4人それぞれの解釈でコーディネートしてきて

おもしろかった。



mashaはパリの「お転婆なお嬢様」。昔の少女マンガみたいでした。
ユカちゃんはロシアのお嬢様。その名も「ユカコフ」。(○○コフって男の名前ぽいけど…)
Ohanaはブルガリアのお嬢様。またすごいところから来たもんだ。笑


masha以外はその場のノリー



ちなみに、私は、細かな設定とか全く考えてなくて
「ザ・お嬢様」でキメていったのですが…



みんなから

「リカちゃんみたい」と言われたので

「香山リカ」↓に決定。   決定されてもどうしようもないんだけど。





だけど、
みんなが言っている「リカちゃん」は
たぶんこっち↓

 









 昭和色強し。 




ていうかリカちゃんてお嬢様なのかな?と思って調べてみたら
パパ:音楽家、ママ:デザイナー 
即お嬢様に認定されました。 



それにしてもリカちゃんサイトの存在を初めて知ったのですが、とても面白い!!→★

内容の充実ぶりに感動しました。


まだ「リカちゃんでんわ」があるってことにも感動!!
昔電話したなー 懐かしいなー  
でも、もう電話しないよ。 電話してる姿(自分)を想像すると悲しくなるから。




そして、一番感動したのが


リカちゃんブログの存在。



結構マメに更新されているー
しかも内容!! 楽しいー 好きー




私、これを仕事にしたい…  リカちゃんとしてブログを更新したい。。。
 
募集してないかなー 

タカラトミーに就職しないとダメだよねー (本気) 




 







ラデュレを後にして、

なんだかこのまままともに写真も撮れず終わりたくないと思い

銀座の街でなんとかしようとしたら


ちょうど、ショーウィンドウの電気が消え

ちょうどクリスマスツリーの電気が消え

真っ暗。



どこまでもついてないお嬢様たちでした。



やっぱ庶民は庶民らしくがいいのかもね。


背伸びして空回った感が強い「4の忘年会」でした。




あ、空回ってたのはリカ様だけか。







消灯間際に撮ったミキモト前のクリスマスツリー。

「真珠王」に雰囲気ぶち壊されたー  どこまでも残念。





otome comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








masha

すごいよねー!
しかも結構人間関係どろついてるよね。
リカ旅ブログのミラノ編「ホームシック」のリカちゃんに
「梨花」を感じました。
こういうのやりたいなー たぶん「4」としかできないと思うー
またやろね☆
from. momo | 2009/12/17 21:55 |
す、すごい!!
りかちゃんblogがすごすぎるー笑
半端ないね。
微妙な更新回数気になるね。
それにしてもmomoのやることは面白すぎる!
本当好きよー
from. masha | 2009/12/15 23:57 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hakutou6.jugem.jp/trackback/144
<< NEW | TOP | OLD>>