スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ゴールデンウィーク初日
1日 



鎌倉へ




ものすごい人ごみも、
何か楽しみを見つけると嫌じゃないものです。

私たちが見つけた楽しみとは
最近流行のデニムonデニムの人を数えること。

結構いるもので、、

だけど、そのほとんどが中高年。
流行とはひと味違ったデニムonデニムファッションに
時の流れを… いや、流れぬ時を感じたり。





昼食はお互いに気になっていたカレー屋さん「oxymoron」で。
久々の再会にびっくり!


私はエスニックそぼろカリーとアイスチャイを。 
パクチーや三つ葉など、葉っぱ山盛り!!
すごくおいしかったです。




昼食を済ませたら
ジャム屋さんを目指してひたすら歩きました。

が、しかし、ズンズン進んでもお店が現れる気配なく…

どうやら全く違う方向に歩いてきてしまったようです。


ジャム屋は諦め、雑貨屋を目指すことにしたのですが、

どうやら道を忘れてしまったようです。


何もかも諦め、駅に戻ることにしたのですが、

どうやら迷ってしまったようです。。。



地元の人に道を尋ねたら、とんでもない方向に向かっていたようで、
笑われちゃいました。




だけど、天気がとってもよかったので、
そんなハプニングも笑って受け入れることができました。



お日様は心をまるくするのだ。








駅に向かっていたら、道脇に行きたかった雑貨屋さんのチラシがあって
なんだか宝物の地図を見つけたような気分になりました。

大げさ〜

だけど心が救われたことは確か。


ついてみたら噂通り面白いお店でした。
商品がおもしろいんじゃなくて、オーナーと店そのものが面白いの。




結局鎌倉では、
3時間滞在して入ったお店は2軒だけ。

ほとんどお散歩してました。


それもまた良い過ごし方だと思ったり。











それから私たちは逗子へ移動。

2年ぶりのcoya。
冷たいジンジャーエールを飲みました。







そして、海岸へ。












この日のメインイベントは

浜の映画館


浜辺で映画が観られるなんて
なんて素敵な企画なのでしょう。


しかも初日のこの日は
竹中直人監督「サヨナラCOLOR」
ずっと気になっていた映画でした。
さらに竹中監督のトークショーあり、ライブあり
で、もう全てが楽しみすぎる…!



会場はこんな感じ
夕焼けに染められた海と空が
白いスクリーンから透けて見えて
なんとも美しい光景でした。

波の音がまた心地よくて。







そして、竹中監督登場。

かっこいい…

けど、テレビのまんま、なんか変な動きしたり
声色がくるくる変わったり、
ズボン下ろしだしたり 


…大好きですっ て思いました。笑



故忌野清志郎さんもこの映画に出演していたのですが
撮影時のエピソードなども語ってくださり
なんだかその瞬間がリアルに伝わってきました。

楽しい人だったんだなあ。





ライブは
ある意味期待通り!!


やっぱり「サヨナラCOLOR」はいい歌だ。

竹中さん ほんと素敵でした。 はあ〜








そして、上映が始まったのですが、

なんで夜の海ってあんなに風強いんだろう。
なんで昼間あんなに温かかったのに、夜になると極寒なんだろう。


防寒用に、ニットとブランケットも持って行ったのに
全く効果なく



寒い寒い。




そして、清志郎さん登場の前に泣く泣くリタイアしてしまったのでした。


最後まで観たかった…;_;



冬のダウンコートやホッカイロを持ってきて
ちょうどよかったかもしれない。


去年の京浜ロックでも寒さに負けて途中で断念したのを
思い出しました。




自然は常に私たちの上をいくのだなー




今回も負けました。

だけど

次こそは、必ず勝つ!!




だから、この素敵なイベントが
来年も再来年もずっと続くよう願っています。





そんなゴールデンウィーク初日。







sampo comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hakutou6.jugem.jp/trackback/188
<< NEW | TOP | OLD>>