スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
横田駅伝
6/5

横田駅伝




この私が、1年ぶりに大地を駆け抜けます!!





この日のために、
必死の思いで練習しました。 

3回も!!

しかも2週間前に焦って!!


相変わらず、
「夏休みの宿題最後までためて、後でわーてやる」パターンは健在です。

わー てやったところで3回だけど。



そう言えば私は駅伝に出るのが
中学生以来でした。

あの時は私、髪の毛2つ結びのブルマー姿で走ったな〜  …ゾッ




よくわからないけど、横田駅伝というだけあって
横田基地関係のこの駅伝。

スタッフはほとんどアメリカ人。


だけど、こんなアメリカンな雰囲気の駅伝大会なのに
もらったTシャツがめちゃくちゃ「和」なんです。
ね。



入場には身分証明書が必要で
私はパスポートを持っていきました。なんとなく海外旅行気分♪


が、顔写真をみんなに見られたくなくて

「見ないでよー!!」て言ったら、
チェックするスタッフの方に言ったのだと思われ
スタッフの方に「いや、見せてくれないと困るよ…」と言われ
慌てて
「あ、(あなたは)どうぞ見てください!」て言ったら
友達も便乗して見やがって
しかも
「ザシキワラシみたい…」て言われた…

悔しいけど… 正解!


走りとは関係ないところで
こんな屈辱を味わうとは。




ていう、
どうでもいい話をまた長々と書いてしまいました。






駅伝の話に戻りますと、

1チーム4人で、1人4㎞を走ります。


友達と参加したのですが、
私たちのグループでなんと5チームもできてしまいました。

うじゃうじゃいます。

写りきってない子もいますが、
一番左の黒い人は全然知らない人です。 
ヘアースタイルからして「友達」ではない。




チームはこちら
 









 紺チーム

 









 だいたい白 チーム

 









 だいたい青 チーム

 









 ピンクがワンポイント チーム
 







 バラバラ… チーム


バラバラチームはなんと3人! 
真ん中の黄緑部長が2回走るという…! ほんと、すごい人です。





私は華の2区を走ることに。
 
 華の2区メンバー
 
 略して「はなに」

 て、今初めて略してみました。





 


 華の女子

 「はなじょ」










さて、そんなこんなでスタートです!!(強引)

コースは半分が山登りコースでした。
湯河原の悪夢(登りは全て徒歩)が脳裏をよぎりました。


私は黄緑部長の戻りを待ちます。
彼は「一番早い人」ていう噂通り、(仲間内で)一番で帰ってきました! 

そ、そして

感動のタスキリレー〜〜☆☆

両手でピンと張ったタスキを前に出しながら
走って来た黄緑からの、


「ハイ!!」


タスキリレー〜〜〜☆☆


ああ、青春


そう思いながら私はしっかりとそれを受け取り走り出しました!


みんなの手前、結構早いスピードで走り出しました!

が、みんなが見えなくなったら、途端にペースダウンしました!

なんて、かっこつけてみたものの、たぶん誰も見ちゃいないんじゃないかと。



そんなわけで、私は見事なごぼう抜きならぬ、
「ごぼう抜かれ」をされまして
結構凹みました。

途中で太鼓隊が現れ、太鼓をどんどんこ鳴らして励ましてくれたのですが
あまりにも突然の登場だったので、
むしろびっくりして呼吸のペースが乱れたような…

なんて、うそうそ。嬉しかったよー (誰に向けたメッセージか)



いよいよ上り坂へ突入。

ゆるーい坂がだらだらと続き、
本当に苦しかったです。

なんでこんな苦しい思いをしてまで走っているのか

そう自分に問いかけたりもしました


なんだかすごく頑張らなければならない想いがふつふつと湧いてきて

私は見事、一歩も歩かず、走り続けたのでした!

ザ・駅伝パワー 

チームプレイて人を強くします。



だけど、登りきったところにある給水所で
やっぱり走り飲みができず、
ばっしゃばっしゃ顔にかかって、洗顔か? ってくらい飲めなくて、
歩いてしまいました。 ここで〜 涙


給水したら後は下り坂。

みんなも同じだったようですが

足がマンガのような渦巻き線になったかのごとく
だーーーーーーーーーーーーーーーーーーと駆け下りてゴールっ

無事、3区のライトグレーへタスキリレーができました!


イマサラですが、タスキリレーって言うっけ? 
バケツリレーと勘違いしてないよね?私。




というわけで、

無事、みんなゴールできて(強引な展開)

しかも、そんなに差が開くことなく
ちゃんとみんなのゴールシーンを見届けることができました。


「頑張れー!」
「あと少しー!」

とか、テニスとは違った応援が、久々で新鮮で。

いいものです。



あの時はもう2度と走るかと思ったけれど
走り終わった後はまた出てもいいかな、なんて思ってる。

スポーツの魔力おそるべしですね。

でも今は「もう当分いいや」と思ってる。 私は手強いよ。





なんだかんだで 祝2位 (仲間内で。しかもほとんど左の人のおかげ…)
ていうか私のガッツポーズなんかだらしない! なんか悔しい。

そして相変わらずおしゃれの「お」の字もない格好。 
今気づいたけど、私、Tシャツinしてますね。 うん、inしてますね。




それから、ご飯食べに広場へ。

                  汗拭きシート中 と 生着替え中。

 



アメリカと言えばハンバーガー。
だけどこのハンバーガー、素朴な味わいだった。
運動後に青空の下で食べるハンバーガーは格別です。




最後には、一本締め

お疲れさまでした!!




となるわけがなくて、

ここから銭湯へ行き、さっぱりした後

飲み会という名のスポーツが始まるのであります。


夕方4時から!! 男子は3時から!!!

夜10時まで!!!

日曜なのに。。




「ワオォ〜〜 ハオ!!」
 
なぜかインディアンの挨拶(?)とかしてたな〜 なんだろこれ。


この大会で私はなんとか生き残りましたが
数名は残念な結果に。


特にこのコ。


どうにも収集つかなくて駅に放置されたとか。もちろん終電無し。 


しかも、私ったら
この日初めて喋ったのに、キレてごめんね。

しかもこんなにアップで載せてごめんね。

あなたの知らないところで、言いたい放題やりたい放題。ごめんね。


                
ごめんね ごめんねー 








最近の私、ブログ上で調子にのってますね。反省。 




 
sports comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hakutou6.jugem.jp/trackback/287
<< NEW | TOP | OLD>>