スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
中央線デート
6月の休日


Mizuki&Yukaと中央線デート



吉祥寺からスタート

かわいい雑貨店 小匙舎+みずたま舎
 
ガラスの器とブローチがかわいかったな。

そしてこの看板がまたかわいい。 
よく見るとトレイですね。今気づきました。



Mizukichiが見つけた、、、これなんていうの? 


 母にこれ何て言うの?マンホール?って聞いたら
 「そんなもん名前あるの?「ふた」だよ「ふたっ」」て言われました。

 聞いた私が馬鹿でした。 


「ふた」もかわいー (「ふた」ということでこの場をおさめる)






店内のイスはほとんどハンモック。

ハンモックにゆられながら食べるご飯は、
ちょっと食べづらい…

けど、慣れるととても気持ちよいです。

色々制約がありますが(写真ダメ、足を床から離してぶーらぶーらダメとか)
あの一面ハンモックの光景は見る価値があります。
気分も上がります〜 ららら




久々に古着屋さんにも行きました。
なんか大興奮な古着屋さんがあったなあ。
しかしダレもナニも買いませんでした。 財布の口かたい三人。笑




荻窪へ移動

Mizukichiお勧めのブックカフェ六次元


ここ、とても落ち着いていて本当に素敵な空間でした。



店内のイスにはmina perhonenのファブリックが使われていたり
インテリアのセレクトもセンスが良い。


本のセレクトもかなりツボ!

懐かしのOliveとか、mina本とか(皆川さん手作りの本があった!レア!)
乙女のための乙女な本たちをひたすら眺めました。


シ ン ケ ン。



Oliveのイケメン特集がおもしろかったです。
河合蛾聞くんとかオザケンとか、そう言えばあの当時よく出てたよね。

しかし、当時の私はかっこいい男子には目もくれず、
マンガとアニメに夢中でした。

当時のイケメン代表。↓






話が思いっきりそれました。



ちょうどこの時、

写真家 広川泰士氏の写真展「Still Crazy」が開催されていました。

全国の原子力発電所を写した写真の数々。


オーナーさんから伺ったのですが、
あの地震以前は、広川氏が撮影に訪れると地元の方が
原発がよりかっこ良く撮れる場所にすすんで連れて行ってくれたのだとか。

原発の回りは水温が高いので、魚が大きくなるのだそうです。
漁師さんにとっては貴重な漁場でした。

原発に務める人もいました。


原発の回りに住む人にとっては、
電気以外の面でも
それは生活していくために必要なものだったし
寄り添って生きてきたのです。


なんだか今となっては信じられない話。

あの日から、近づくことすらできないのだから。


かっこ良く撮ってね!と言った人たちは、今どんな気持ちで見ているのだろう。





アイスチャイと土器盛りクッキー   

幸せなひとときを過ごしている 幸せ。




夜は西荻窪へ


「3人灯」で夜ご飯&誕生日をお祝いしてくれました!

急遽入ったお店だったのに…!



3歳になりました♡

うそ

3人灯の「3」です。


とにもかくにも ありがとーーー!




中央線をてんてんと 素敵なお店を巡り巡って

とっても楽しい一日でした。














sampo comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hakutou6.jugem.jp/trackback/297
<< NEW | TOP | OLD>>