スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
益子陶器市

GWは益子の陶器市へ

トリコロールがかわいい関東鉄道常総線の電車。
おもちゃみたい。


鉄道好きというわけではないけど
やたら電車の写真を撮っていました。
そのせいであやうく乗り遅れそうになってきゃーきゃーわーわー
にぎやかな旅の始まり。


車内にもところどころトリコロールが。ほんとおもちゃみたい。
一番後ろを陣取って線路とか撮っちゃう。子供みたい。その名も鉄子。


下館駅で乗り換えの際に
SLを見ました!

本物を見たの初めて!

煙がかわいい。 
でもこの時点ではまだ本気出してないの。
本気の煙は真っ黒で、ものすごく臭い。



益子に着いたら、数々の誘惑を振り切って
メインストリートをひたすらひたすら突き進み
山の方まで



急な坂道をおしゃべりしながら登ってたかと思ったら

↑なにかやってるんだけど、正面から撮ったから全然わかりませんね。


マイケルの斜め45度ダンス(?)やってたんです。
坂道のおやくそく♡



そして着いたのは、starnet

まずはzoneから。





ここで見た、額賀章夫氏の花瓶に一目惚れするも
お値段がかわいくなくて諦めました。

同じものの画像が見つけられなかったけど
このプリーツワークの丸が3つ連なっているものです。

ストライプ好いている私のハートを一瞬にして射抜きました。
どんな花もモダンにぴりっと引き締まりそう。






もう1つのstarnetに行く途中でヤギに遭遇




怖かった。









お昼ご飯はカレー
とてもおいしかったです。
サラダがまたおいしくて。野菜の味しっかり!



デザートもしっかりがっつり!!

おいしかった♡





道端で毛虫をツンツンする子


まるまった毛虫の真ん中部分に棒を入れようとする子…

やんちゃざかりな30歳の女の子です。 




いざ陶器市へ!


たくさんのお店が出ていて
その中からぴんとくるものを探すのはなかなか大変でした。

そんな中、道端にこじんまりと佇むお店(というかカウンター)に
4人とも釘付けに。


今井律子さん作品たちのかわいさったら!

小物入れの取っ手が人や動物の頭って、なんかすごい。
そして色が絶妙。



友達は、右下のブローチ《のっけ三姉妹》のうちの1つを購入していました。


青いストライプの襟と頭に乗ったピンクの花… なんてセンスが良いの! かわいい!



私は左上の黒い洋服の小物入れと迷ったあげく
こちらを買いました。


白ウサギの小物入れ

ちゃんとしっぽもあるんです。

かわかわ かーわ かわゆーい (益子駅付近の看板ふう)


今井さんは益子陶器市にしか出品していないそう。
都内の雑貨屋にあったらぜったい売れると思うけど(minaとか)
ここでしか買えない、ていうレア感がいいなあと。そういうのに弱い。




みんな、ぞくぞくとお気に入りのお皿やらぐい飲みやら購入していました。

そんな中うさちゃんで満足しちゃった私は
お買い物終了モードになっていました。

そしてやっぱりうさちゃん1個で私の益子陶器市は終了したのでした。



しかし、後で写真を見返してたら
買っとけばよかったーていうものが多数…


一番右端の薄紫の花瓶とか
ていうかこの写真に写っているの全部ほしい。今すごくほしい!!




このお皿とか
☆マークじゃなくて漢字ていうところがすごくcool。
すごくほしい。

もし陶芸体験できるならこれマネしたい。
でも「星」以上にかっこいいワードが思いつかない。


あとはグレーと白のマーブルぽい模様の花瓶もかわいかった。
ほしい!!


しかし時すでに遅し。
また秋にリベンジしたいな。





ところで、ある1軒のお店を見ていた時
そこの器がすごくかわいくて、どれもかわいくて
かわいくてかわいくて「あれもかわいい これもかわいい」と叫んでいました。

そしたら作家のおじさんがやってきて
「『かわいい』は違うんじゃないかな〜」と
私たちの感想にもの申してきました。

確かになんでも「かわいい」というのは違うのかもしれない。
女子はつい「かわいい」と言ってしまいがち。女子とはそういう生き物なのである。(そうか?)

でもかわいくないものには「かわいい」と言わないよ。
かわいいおじいさんには「かわいい」と言うけど、かわいくないおじいさんには言わないよ。

それ以前に作品を見てどう思うかなんて個人の自由だし
それを否定する権利は誰にもない と思うのです。たとえ作家でも。

だから私は「私にはかわいく見えたんです」とちょっと反抗してみました。

そしたら倍返しされました。T_T 

そして傷心(小心)の私たちは別のお店で器をみて「かわいい〜」と言う度に
「あ、かわいいって言っちゃった…(てへぺろ)」とちょっぴり反省するのでした。



でもこのブログではあえてかわいい連発させてます。(ぷち反抗)





おじさんが倍返ししてきた時に
「苦しんで作っているんだ、それを『かわいい』てあーだこーだすべったころんだ」
と言っていたのに対し、友達が(後で)
「苦しいなら辞めればいい。苦しみを押し付けられても困る」と言ったのが
とても爽快でした。笑







夜、冷えた身体にうどん定食がしみた。



帰りの常総線の車内


2両編成の車内に1時間以上私とおじさん2人しか乗っていなかった。
すごく不安になって、眠れなくて、音楽聞いてたら
車内放送聞こえなくて、気づいたら行き先変わってて
逆走するところだった。

ローカル線 怖い!!






久々の女子4人旅はすーーごく楽しかったです。
また行こうね♡















trip comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








bijimちゃん

秋にも開催してるみたいだよー!おすすめ^^
「かわいい」意外にもボキャブラリー増やして
あのおじさんをぎゃふんと言わせてやるんだ!!!
「この手触り、この曲線美、秀逸ですな〜」とか!!
from. momo | 2013/05/26 12:54 |
momoちゃんのかわいい論、面白い!そして、かわいいの感想が気にくわないおじさんとのバトル…。倍返し…。ウケる!!!

確かに、可愛い器ばっかりだね〜いいな!秋にも開催するの?そこんとこ今度会った時にでも詳しく教えて〜!
from. bijimdiary | 2013/05/21 00:27 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hakutou6.jugem.jp/trackback/408
<< NEW | TOP | OLD>>