スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
NIKKO 2
日光第2のお楽しみとは

「日光江戸村 来てちょんまげ!」でおなじみの
EDO WONDERLAND 日光江戸村 です。

 

日光江戸村ってシュールで楽しそう…
コスプレもできるらしいし、ちょっとやってみたい…

そんな私の希望を、
彼はぜっったい、ぜーーーーーーったい否定するだろうとふんでいたのですが
「お、にゃんまげ!にゃんまげに会いたい!」とすごい食いついてきた… 意外。


しかし


前日の夜になって
「本当に日光江戸村に行って大丈夫だろうか」と不安になりだし
そうなると私も不安になってきて

お互い口ではノリ気だったけど、実はぎりぎりのところでテンション保っていたようで。笑

一気にガタガタと崩れ出し
ホテルのライブラリーで日光のガイドブックを借りて、
中禅寺湖コースを調べ出すもいまいち決めきれず…

やっぱり江戸村に行こう!!とやっと決心ついたと思ったら
出発の日の朝、女将が「今の季節は中禅寺湖が気持ちいいですよ〜」と切り込んできて
またガタガタと崩れ出し


乙女なJR日光駅でどうしよう…としばし悩み、
やっぱり初志貫徹で江戸村にしよう!とやっと腹をくくったのでした。

そこまで悩まれる江戸村って…



しかし、
江戸村への送迎バスを待つも、他に待っている人が1人もいない…
待っているのは私たちだけ…

また不安が…


そして現れた送迎バス

花魁どーーーーーん!


「え、これに乗るの… は、恥ずかしい…」 (江戸村の人、すみません)



さらにバスから降りてきた人が
ちょんまげで、江戸っ子で〜い ていう風貌の運転手さんで(超浮いていて)

で〜い!ていうテンションだったらまだ和むんだけど
無表情で「乗ってください。」て言われて、不安MAX。



運転席からちらっとのぞくちょんまげ…
そして私たちの他に乗っていたのは写っている1家族のみ…
1家族なのに席ガラガラだから1人2席使って座っていた。
そんなフェイントいりません。

「もう引き返せないね…」




そして着いてしまいました。
EDO WONDERLANDに。


関所。 「入り口」ではなく「関所」…

ここでチケットを買います。
受付嬢も江戸の町娘風コスプレで「○○両になります」て普通に言っていた…
そしておつりも「500両のお返しです」て言って500円返された。

徹底しています。







アキレス腱伸ばしをみんなでしていた… 見守る親達も… 
これから何が始まるのだろうか。


作り込まれた世界なのでアニメのコスプレした女の子たちも結構いました。
きっと自前の衣装とカツラを持ってきてるんだろうな。
るろうに剣心グループ


江戸村の様々なセットの前でポーズ決めて撮影大会をしていました。
雰囲気出るし、良い場所見つけたなー



かと思えば黒スーツに黒サングラスの見るからに怪しい男性が
ものすごい勢いで走り回っていたり…

何事!?と思って見ていると
どうやら子供達と鬼ごっこの現代版?みたいなやつをやっているらしく
黒メガネが鬼役で子供を追い回していることが分かりました。

なんで江戸村で?
なんでスーツ?

かと思えば、純粋な江戸村のコスプレを利用した
侍と町娘風カップルがラブラブで歩いていたりとか

カオス。


ちなみに、やりたかったコスプレはお値段が高くてやりませんでした。





この踊り文字が期待させます。
ちょっとわくわく



え… 


天文望遠鏡は他にも何個かありました。
私が覗いたのはこれだったけど、他のはもっとすごい仕掛けとかあるかもしれないので
ぜひ!!




期待を裏切らないシュールさにテンション上がってきて
グ〜!
思わずダサいポーズとか決めちゃうよねー



忍者のショーも見ました。
シャッタースピードが遅くなってて
分身の術みたいな写真が撮れました!

アクションはすごかったけど、もう少し中身のあるストーリーだと良かったかな。





地獄寺

お化け屋敷のような暗闇の中に様々な仕掛けがあるアトラクション
ていうか小屋です。


例えばこれ
鏡があって、そこに顔を合わせます。(カメラが写っているけど)
そしてボタンを押すと!!


。。。


次はこれ!

この有無を言わさない強気な口調のボタン。
期待させます。

押したんだけど、あまりにもすごくて写真撮れ(撮り)ませんでした。
ぜひ「押せ」を押してみてください。びっくりするよ。


でも一番おもしろかったのは彼が撮った写真。


フラッシュたいちゃった…
恥ずかしいくらい丸見え。笑
フラッシュはたかないでください。地獄寺のために。


なんだかんだ私は地獄寺がとてもおもしろくてお気に入りでした。
おすすめ!




花魁ショーも見ました。

江戸時代の花魁たちが未来にタイムスリップしてしまって途方にくれるんだけど
でも自分は花魁で、いつの時代でもお客さんを楽しませること
それが自分にかせられた使命 でありんす〜〜

て言って、会場にいるお客さんの中から男性を1人選んで舞台に上げて
一緒に遊びましょう、ていう流れでした。

「1人選んで…」言った瞬間会場の男性陣はさっと目をそらすという
その中でも一番必死だったのが彼だったのではないだろうか。笑

で、選ばれた人↓
日本語がほとんどわからないアメリカ人の男性。
無理矢理「YOKI NI HAKARAE〜」て言わされていた…


なかなかアドリブ?もきいていて面白かったです。




あんなに会いたかったニャンまげの舞台?映画?は結局見ず。
おもしろそうだったけどね。



北町奉行所で遠山の金さんの舞台も見ました。

テレビで観たこともある俳優さんも出ていて、演技で魅せるし
ストーリーも面白いし、ギャグも満載ですごくおもしろかった。

迫力の名シーン

だったのですが、金さんが桜吹雪をバーーンて出した瞬間
客席がざわざわっとしました。

なぜならば


桜吹雪にしわ寄っちゃってカットソー感が丸出し…
それも狙いなのかな?





手裏剣道場にて手裏剣も投げました。



しかし私の投げる手裏剣はどうしても前ではなくて
横に飛んでいく…
危険すぎる。

結局1個くらいしか当たらなかったけど、景品をもらえました。
この札を…


あ、ありがとう。







最初は不安でたまらなかったけど
結構楽しかったです。日光江戸村!

ぜひ行ってみてね。

ほんとおすすめ!!












trip comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








owlちゃん

ぜひぜひ行ってほしい〜!
親子で行ったらこんな曲がった感想じゃなくて純粋に楽しめそう…笑
忍者ゆくも見たい!!
from. momo | 2013/06/05 23:56 |
色々と驚いた!電車で笑いをこらえるの必死…!うちも行って体験したい〜そしてゆくもに忍者の格好させたい!笑
from. owl | 2013/06/03 17:23 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hakutou6.jugem.jp/trackback/413
<< NEW | TOP | OLD>>