スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
7月
悩ましい7月がいつの間にか終わっていた。


7月のいろいろ





7月前半は、久しぶりに熱、咳、鼻水のがっつり夏風邪を引いてしまい
苦しかった。

特に咳と鼻水は長引いて病院に行ったのだけど
そこの先生が怖いと有名で、案の定やたら怒られた。
処置が終わった後に、先生が「お酒は当分飲めないからね」てしたり顔で言ってきた
のですが、私お酒そんなに飲めないので全然いたくもかゆくもないよー
と思ったんだけど、なんとなくノってあげた方がいいかなと思って
「は〜い (T_T)」て残念そうに答えてあげました。(腹黒い)

その後鼻と喉にチューブを入れてボーとしてたら別の人が診察を受けているのが聞こえてきて、
「先生、お酒飲んじゃだめ〜?」て中年女性が甘えるような声で質問して
「うーん、ちょっとならいいよ。ビール1杯くらいなら」て先生が優しい声で答えていた。

だいぶ対応が違った。





ある暑い日

私は緑のニットを着て家を出ました。
そしたら家の前で見知らぬおばさんが
「あら、緑が素敵!」と声をかけてきました。
私は「ありがとうございます」と言いました。
そしたらおばさんが「すごく爽やか!」「似合ってる!」とまた褒めてくれました。
私は「ふふ、ありがとうございます。いってきます〜」と歩き始めました。

おばさんに背を向けて歩き出したのに、おばさんはまだ
「いい!」「素敵!」と言い続けていました…

5mくらい離れたところで、おばさん、最後に何か、何か〆の一言を言いたいーっ
と思ったのでしょうね、私の背中に向かって
「見た目だけ、爽やかーーーーー!」と叫びました。
私は一瞬「ん?」と思ったけど、振り返らず歩きました。

あんなに褒めて褒めて褒めまくってくれたのに、最後はけなされたよね。

でも私は知っています。
おばさんは本当は
「(毎日暑くって本当に気がめいってしまうけれど、)見た目だけ(でも)爽やか(な色を着るのもいいものですね)ーーーーー!」
と言いたかったけど、時間なくてだいぶ端折ったらけなしちゃったのです。

だけど、私は思います。
ちょっと言い間違えただけ(たぶん)なのにこんなにつらつらとあげ足取る
腹黒さをあの一瞬で見破ってのあの発言だとしたら… すごい。

ていうかあのおばさんは誰なんだろう…




ある休日
私は晩ご飯を作りました。

ハンバーグとタコとクレソンのマリネを。

うちのハンバーグは、
タマネギをあえて炒めずシャキシャキとした食感が楽しめる仕様となっています。

だから、あんまり細かいみじん切りじゃない方がいいよね、
と思って荒みじんにしたら、どうやら荒過ぎたようで
出来上がって食べようと箸をいれるとぼろぼろと崩れ
「ひき肉とタマネギ炒め」という別ものになってしまった。

タコとクレソンのマリネはクレソンと檸檬汁がなかったので、
青じそとピーマンとかぼす汁で作ったら結構おいしかった。



これはあくまで練習なのでした。
本番は1週間後!



そして一週間後。
本番メニューは、ハンバーグとタコとクレソンのマリネとポテトサラダとカボチャの冷製ポタージュ。


まずはスープから。
まず初めにカボチャの皮をむきたかったのですが、
カボチャじゃなくて自分の指をむきました。
ざくっと。痛かったよー


それと並行してポテトサラダのゆで卵を作るぞ
と意気込んだ瞬間、手が卵に当たって
卵吹っ飛ぶ。すこーーーん!ぐちゃ。×2 

。。。!

2個あった卵を2個とも床で割りました。 

買いに行く時間なんてないし、ゆで卵なしで作ることに。
無事にできたけど、なーんかおいしくなかった。
でもそれを調整するすべを私は知らない。


タコとクレソンのマリネは正規の材料で作りました。
でも、なーんかおいしくないなー 
でもそれを調整するすべを私は知らない。
後で検証したところクレソン入れない方がよかったんじゃ?ということでした。


ハンバーグは「我が家の食感」を捨てて
タマネギはちゃんと細かいみじん切りにし、さらには加熱しました。

何年か前にハンバーグを練習した時に真っ黒焦げバーグを作ったけれども
今回は焼きはばっちり。ふっくらジューシーに焼けました。

しかし

ソース作りで大失敗。
ハンバーグにかけた瞬間「油とソースが分離ソース」がその姿をあらわしたのです。
どんだけびっくりしたことか。
余計な油を取らなきゃいけなかったのね。くやしい。


そして、スープは冷蔵庫に入れるのをちょっと忘れてしまっていたので
ぬる〜〜いのでした。そしてちょっとしょっぱかった。
でもそれを調整しない。



ちょっと(?)ずつうまくいかないんだ。
そしてものすごく落ち込むんだ。

味付けはもちろん
時間とか
切り方とか
盛りつけ方とか
すべて大事なんだなあと、つくづく思います。



あー料理がうまくなりたいな。


早く料理教室に行った方がいいと思う。





7月は女子会的なものにいくつか参加しました。

30代の女子の話題と言えば
恋愛、仕事、結婚、出産
比率は違えど20代とそこまで変わらないかなと思う。

だけどこの間40代の女性たちとご飯を食べた時に
話題がもう老後と介護と保険、しかなくて
こんなに話題って変わるものなんだとびっくりしました。

40代夫婦の喧嘩時のとどめの一言は
「あんたより先にボケてやる!」だそうです…





世界水泳が面白かった。

実際のスピードだと力強いという印象が強いけど
泳いでいる姿をスローでみると、とても奇麗だなと思う。
すーと進んでいく。
魚、というよりは船みたい。
水の動きが船と水面の間に立つ波に似ているから。




あー泳げるようになりたいな。









そんな文字多めな7月



さよなら7月









diary comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hakutou6.jugem.jp/trackback/419
<< NEW | TOP | OLD>>