スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
1月のおしゃれ
セールでは靴を1足買いました。

carvenのネイビーとグリーンのバイカラーのパンプス

久々にレディライクな靴。
ここ最近、新しく買う靴はほとんどスニーカーだったから…


ネイビーとグリーンは好きな色。
昔は薄紫とか水色とか好きだったけど
最近は深い色の方が好きです。冬だから?

好きな色は刻々と変化する

昔、NHKの番組で平山あやがティルダ・スウィントンに「好きな色は?」と取材した時の答えがとても素敵でした。

「その質問は5分おきにしてほしい。常にその時々で変わるから。
今の好きな色は青。今日の空がきれいだったから。」

しびれます。




church's

控えめなスタッズと、深いバーガンディカラー、つま先の奇麗な曲線
一目惚れしてしまいました。

白いソックスとか、とにかく短めのソックスと合わせたい気分。


イギリスの革靴は革が硬くて、イタリア製に比べると足に馴染むのに結構時間がかかるらしい。
でもずっと履き続けていれば、ある時ふっと足にフィットするんです
て、靴マニアの葉加瀬太郎が言っていたとかいないとか。

それまでは靴擦れし続けるって…
おしゃれは我慢とは言うけれど、靴擦れだけは耐え難いんだよなあ。

というわけで、早速初日に靴擦れしちゃったので
いろいろと手を加えて粘り強く履き続けたいと思います。
いつか吸い付くようなフィット感を得られる日を夢見て…

 


冬のおしゃれと言えば
セーター
セーターと言えば毛玉

ある日の休日はひたすらひたすら毛玉カットしていました。

1着分↓
 
なんかかわいい…


くま



昔、何かの雑誌で、
ケイト・モスは毛玉だらけのセーターを着ていてもおしゃれ!
て書いてあったのがすごく印象的だった。

それ以来、毛玉だらけのセーターを着ても
あのケイト・モスだって毛玉セーター着ているんだから
私も大丈夫!!(何が大丈夫なのか)
て、よくわからない励みにしていたんだけど
やっぱり毛玉だらけのセーターはちょっと恥ずかしい。

でもね、毛玉を全て除去するのは難しいし、果てしない。
この日の毛玉カットだって、3着で4時間以上かかった。(かかりすぎ。)


でも、いい糸を使っているセーターにしか毛玉はできないと聞くから
それもちょっと励みにして、これからも毛玉セーターとつき合って行こうと思います。





そんな1月のおしゃれ(?)話。







fashion comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hakutou6.jugem.jp/trackback/434
<< NEW | TOP | OLD>>