スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
こだわり
「1月のおしゃれ」で
毛玉について熱く語りましたが
今発売のブルータスで衝撃的な毛玉話を見つけたので
記録しておこうと思います。


あるカシミヤニット愛好家?による毛玉の定義


 


拡大しちゃう




クールな毛玉…  まじか。





また拡大しちゃう




毛玉は自ら作るもの… まじか。


今の自分のレベルでは、自分の服の毛玉が
クールかクールじゃないか判断することができない。
でも、きっとこの人に見せたら「クールじゃない!!」て言われそう。




やっぱりこだわりと言えば
女子よりも男子の方が強いと思う。

このカシミヤニット愛好家(男性)の方もそうですが
ファッションデザイナーのフランク・リーダー氏もそう思わせる一人です。

とはいえ、私は彼のこともブランドのこともよく、ていうか全然知らないので
これから綴るのは人に聞いた話です。


これはTradition by FRANK LEDERというラインの
浴用オイルとハンドローション

浴用オイルにはドングリの葉が入っているのですが
なんとデザイナー本人が山に入り、採取してきたというこだわりよう…
ビンはドイツのアンティークのものを使用し、それらは中身によって異なるデザインにし、
さらにそのビンに合うキャップを作り
(だからか?ぎゅっと閉めると割れちゃうとか。そんな…)
さらに箱の絵は彼の友人に依頼して描いてもらい
タグもなんやかんやとこだわっているらしく
そのタグについている麻ひもは今では作れないものらしく……

たしかに素敵な仕様ですが
怖くて触れないです。




そしてきわめつけがこれ

ジャケットが入っていた箱

中面にはサインとシリアルナンバー入り(世界15着限定!)

この箱がすごく大きくてかさばるサイズなのだけど
デッドストックで見つかった特別な古い紙を使用しているらしい……

ヤフオクで売ったら数万円するとかしないとか… 

まじか。

早く売ってください♡ なーんて。



ていう、私にはよくわからない世界。
好きな人はこのこだわりにしびれちゃうんだろうな。



奥深い世界があることを知るとともに
自分の興味が広くもなく深くもないことを知ったのでした。

かわいい!買っちゃお! みたいな。



そんな私がかわいくて一目惚れして買っちゃったトップス。
ユナイテッドアローズのオリジナルです。

まるで砂糖菓子のような奇麗な色♡


アクセサリーは白や透明にして、抜け感を。

春よこいー









fashion comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hakutou6.jugem.jp/trackback/440
<< NEW | TOP | OLD>>