スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
山梨 女子旅:1
今年の2月に行く予定だった山梨旅行、
大雪で延期となり、5月のある晴れた週末に無事行くことができました。


友達がクーポンサイト?を利用して格安でとってくれたホテルがこちら
ホテル名はあえて書きませんが、森の中に各部屋が点在するヴィラタイプ。
“泊まるというより住まう感覚”
まさにその通りでした!



4人部屋のため、リビングにはエキストラベッドが。
ここが本日の私の寝床となります。
まさかあんなことが起こるなんて… この時の私は知るよしもありませんでした… ふふふ

リビングの窓からの景色

この奥にさらに2つベッドがあります。



ラグジュアリー♡ 
テンションあがります♡


夕食まで少し時間があったので近くのワイナリーまでおでかけ。
ワインの試飲をこれでもかとさせていただきました。

普段お酒の味の違いがあまりわからない私…
ビールの違いもよくわからない。
「私はサッポロが好きだな〜」とか言うの憧れちゃう。
なのでワインの味も種類によってこんなに違うんだ!と驚きでした。
あまーいのからしぶーいのまで。
さらにちょっとしたひと手間で、同じワインでも味がこんなに変わるなんて!
ワインの飲み方のマナーなども教えていただき、とても勉強になりました。

次から次から出てくるワイン、
飲んで、回して(グラス)、転がして(口の中で)をくり返した結果、
ひとり酔っぱらうよねー


そして、ホテルに戻り夕食を済ませた後は…


ワイナリーで買ったワインなどとともに<家飲み>の始まりです!!
“泊まるというより住まう感覚”ですから。

まず、部屋着に着替え(ホテルのパジャマが真っ白で白装束の集団と化す)そして、

うこんの力を身体に注入!!
(以前のブログでもううこんの力は飲まないと言っていたのに早速飲んでしまった)

しかし、すでにワイナリーで酔っぱらってるので、あまりうこんの力は効かないのでした。
ひとり二日酔い!!というかみんなが強い。


余談ですが、このちゃぶ台の高さ素晴らしく良い!
飲みやすいし、食べやすいし、家にほしい。


そして就寝…☆

私はひとりリビングのエキストラベッドで寝ていました。
いつも3秒で眠りにつくのですが、お酒のせいかなかなか眠れずもそもそとしていたら
背後から「ぱちん」「ぱちん」と音が…

『ら、ラップ現象か〜〜〜!!』

どきどきが止まらない。霊感なんてないくせに。

『こういうときは眠ったもん勝ちだ!!ひつじが〜』

眠れない。そして音も止まない。。

とその時、「トントントン…」だれかが階段を下りるような音がするーーー!!
でもこんな深夜に階段下りる人なんていない〜
いるとしたらそれは…

いまだかつてない恐怖を背中に感じました。
ここで目をあけたら絶対お会いしてしまうと思って、そして私は
気づいたら寝ていました〜

朝、みんなにこのことを話したら
あの恐怖感がウソのように、「ラップ現象が起こったYO♪」と楽しい気分に。
しかもどうやら、リビングのみ天井がテントのようになっているのですが
例えば葉っぱがテント部分に落ちたりするだけでそういう音が鳴ると聞き、
なーんだと思ったのでした。朝も鳴っていたらしいし。

でもトントントンというあの音は… 

虫の足踏みかな♪それとも小鳥のダンスかな♪

そういうことにしておこう。



つづく



trip comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hakutou6.jugem.jp/trackback/449
<< NEW | TOP | OLD>>