スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
山梨 女子旅:2
ひと騒動あった後
森の中のスパですっきりして
いざ出発。

河口湖近くのカチカチ山に登りました。


ロープウェイからの景色
山の間の白いすじは雲ではないよ。雪山だよ。


カチカチ山からの富士山

近い!
大きくて奇麗だった。
そして富士の樹海の広いこと!

ところでこのカチカチ山は、あの昔話で有名な、あのカチカチ山です。


※カチカチ山ロープウェイのサイトより

タヌキもそうですが、うさぎのやり方も結構えげつない。。



でも一番どうかと思うのは



「ばばあ汁」ていう言い方。
せめて「おばあさん汁」とか… ねえ。

こんな話を聞いてしまうと、河口湖の見方も変わりますね。

今思うと、結構ホラーな旅だったなあ。笑



カチカチ山を後にして、今度はシバザクラ祭りに行きました。
この時は5分咲きでしたが、会場には多くの人が。道は大渋滞!


ピンクのグラデーションの絨毯♡


ピンクが眩しい〜〜


シバザクラで彩られたミニ富士山も。

ここで、大きなレフ板を持って佇む一人のおじさんに出会いました。
どうやら撮影の際、サービスでレフをあててくれるそうで… 
そんなサービス初めてです!

私たちも撮ってもらいました。
と言ってもカメラはそこら辺にいた方にお願いし…笑
おじさんはレフ板で光を当てることに集中!

このレフ板効果がすごい。
ものすごくまぶしい。
目があけてられない〜〜〜!!!

必死で目を開け、カメラに向かって笑顔を作るも
まぶしすぎて、まさに

「目が、目があぁぁ!!」状態。

目がやられ、涙がボロボロと出てきて
なんかもうおかしくておかしくて、吹き出して
そこを写真に撮られるっていう。
顔白いけど顔イマイチ。(全部おじさんのせい)





もちろんソフトクリームも♡


帰りは、道路の混雑もあり、バス待ちで長蛇の列。

いつバスが来るのかもわからず、ひたすら待っていると、イライラとしてくる人も多くて

後ろの列からダーと走ってきて、係員に詰めより、ちゃっかり空いた席に乗って去って行ったおばさんや
「ヤバイヤバイ」とぶつぶつと言いながら、ちゃっかり一番先頭に立ち、ちゃっかりバスに乗ってしまうおじさんなど
色々な人間模様が見られました。

結局ちゃっかり者が得をするのか。ちゃっかりしたもん勝ちなのか。
なーんか腑に落ちない。
私は、どんな状況でもイライラせずに順番を守りたい。
でも少しだけちゃっかりしてみたい気もする。




そんなことを思った山梨旅行でした。

みんな、ありがとう。

楽しかったね〜〜〜!!!







trip comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hakutou6.jugem.jp/trackback/450
<< NEW | TOP | OLD>>