台湾 1日目

2018年のこと。

 

 

10月中旬に初・台湾に行ってきました。

 

 

ことの始まりは同年初夏。

友達夫婦とご飯を食べている時に

友達がふと「台湾行きたい」と言ったのがきっかけで

ぐんぐん話が進んで、、、と思いきや

お互いの予定が合わなかったり、台湾の夏は暑すぎるとか、台湾の台風は怖いとか

なかなか日程が決められず、結局雨も少なく過ごしやすい10月に行くことになったのでした。

企画から軽く半年は経っていた…

「週末気軽に行ける国♪台湾!」なのに…

 

お互い海外旅行慣れしていないので

フリープランのツアーにしました。

空港からホテルまで送迎付き、両替も安心です。

 

 

 

そして出発当日。

 

バックパッカースタイルの夫を見て友達が一言。

「台湾の山に登りに行きます!」て人みたい…笑

みんな小さめのキャリーバッグで都会的な中、すごく浮いていた。。

 

そして約3時間のフライトの後、台北の松山空港に到着。

ここの入国審査で私、指紋をペタっとやったら安心しちゃって

パスポートを返してもらうのを忘れて出たもんだから、

後ろに並んでいた夫に大声で名前を呼ばれるという恥ずかしい入国となったのでした。

夫には「日本の恥」と言われた。(がーん)

 

 

 

松山空港からは送迎バスでホテルまで送ってもらいました。

ここで案内してくれた現地ガイドの女の子がとっても可愛かった。

男の子みたいな外見なんだけど、なんか全てが可愛かった。

友達(女)と二人で惚れ惚れした。

 

 

ホテルはHOTEL COZZI 台北忠孝館にしました。

色々調べて設備も良いし綺麗だしコスパも良いと評判で。

想像以上によかった!!

 

はしゃいでダイブするのさ。

 

 

豚?(鼻と色)

 

 

 

早速荷物をおいて街へ繰り出します。

その前に地下鉄で使用するPASMO的な悠遊カードなるものを購入。

まずは東門へ。

 

まず目に入ってきたのは鼎泰豊の行列。

15時頃だったのに外に人が溢れていた。

ついでにテレビ取材も。さすがです。

 

私たちははなから諦めていたので

その少し先にある高記というお店に行きました。

 

 

このちっちゃい肉まん美味しかった!!

裏はカリカリに焼けています。最高。

 

 

 

小籠包もすごく美味しかった!!!

みんなで感動。

 

ここではこの2品だけ。

 

 

次!

 

永康牛肉麺館

 

誰かが麺が惜しいと言っていたけど、その意味が分かった。

だけどお肉は柔らかかったし、スープも深みがあって美味しかった。

 

このもち米みたいなやつは私はいまいちだった。きっとみんなもそう。

 

 

次!

 

東海萊姆園

 

有機栽培ライムジュースの専門店。

日本で見るライムとは少し違ってレモンに近い見た目。

ライム×はちみつ味にしました。

美味しかったけど、暑い日に飲んだ方がもっと美味しいと思った。

 

だってこの日は19度。しかも雨ざあざあ降りで寒かったから…

「雨が少なく過ごしやすい10月の台湾」はどこーー

 

 

次!

 

天津葱抓餅

 

 

 

台湾版お好み焼きのような食べ物。

台湾バジルが入っていてエスニック風味もほんのり。

とても美味しかった。お腹いっぱいだけど美味しかった。最高。

焼くときのヘラの使い方が見たこともない動きをしていて面白かったな。

1個を4人で完食。

 

4人ってちょっとずついろんなものを食べられるので最高。

2人だったら半分も満喫(食)できなかったかも?と思う。

 

 

とりあえずお腹がいっぱいになってしまったし

ディナーの時間も迫っていたので、ここからはお買い物モード。

 

 

本などで紹介されていたお茶屋さん沁園へ。

お目当は日月潭紅茶。

飲んで見たら噂通りはちみつのような香りがふわっと香って

だけど甘ったるくなくてすっきりとした紅茶。

すごく美味しかった。もっと買えばよかった!

余裕がなくてちゃんと見られなかったけど、茶器も素敵なものがたくさんあったみたい。

 

 

その後パイナップルケーキで有名なお店を本を片手に探すも

雨は土砂降り、寒い、靴ぐしょぐしょ、道分からないで思考能力低下。。。

一旦カフェに避難。

名前は忘れたけど今時なカフェ。やたら甘めなメニューが多いカフェでした。

 

 

気を取り直してようやく目的地に到着…!

手天品というお菓子屋さんです。

ここでくるみ入りパイナップルケーキとシナモンクッキーを購入。

おいしかった♡

 

 

ここで東門は終了。

ディナーへ向かいます。

 

ライトアップされた台北101が想像以上に綺麗で

 

まるで台北101を二人で持っているかのような一枚♡

 

実はこの旅行のために買ってきたけど思いの外使っている人がいなくて

恥かしくて使うのをためらっていた

「自撮り棒〜〜」(なぜかドラえもん風に言いたくなるやつ)

を使う決心がついて(台北101に背中を押された)

ガサゴソとセッティングしているところです。(説明長い)

 

そして念願の自撮り棒での4人撮影に成功。

もう恥ずかしいものは何も ない!!

この旅で一番テンションが上がった瞬間。笑

 

 

 

夜のお店は”『RAW』『MUME』などとともに、躍進する台北イノベーティブの一翼を担う”『Gen Creative』を予約しました。

この日は友達の誕生日!

調べてみると台湾はケーキの持ち込みをする場合が多いらしく

メッセージを書いたデザートプレートやろうそくを立ててくれるサービスをやっているお店が少ない?ようだったので

そういうサービスをやってくれるここを選んだのです。

あとスタッフは中国語か英語のみだけど日本語メニューがあること

あと比較的リーズナブル?

 

 

でも料理は「ニューアメリカン料理」っていう。

初めて台湾に来てニューアメリカン料理ってどうなの?と思ったけど

お料理は台湾の食材を使ったり台湾のエッセンスもきちんと取り入れられていて新感覚!

 

ビールは台湾で最も勢いがあると言われているクラフトビールメーカー臺虎精釀とのコラボビール。

 

 

コロッケのような見た目だけど、口に入れるとサンラータン。

スープがジュワッと広がってびっくりした。

 

 

大きなハマグリの何か

 

 

台中大麦ときのこのリゾット

 

 

フライドチキンとナスとマンゴー(女子ウケ)

 

 

女子は烏龍茶。

急須がそれぞれ違って可愛い。

 

ところで、

予約の際に英語で誕生日の人がいるので何か用意してくれると嬉しいと書いたのですが

出てきたデザートには何もされていなく、、、

 

チーズケーキと文旦のデザート

 

せっかくだからと思い果敢にも英語で

誕生日だからろうそくとかないですか?と

話しかけてみるもうまくかみ合わず T_T

でもなんとか伝わったと思ったら

なんと頼んでいないアイスの盛り合わせにろうそくを立てて持ってきてくれた〜!

 

 

ありがとう〜

おめでとう〜

 

しかしデザート前に結構お腹いっぱいでちょっと残すっていう。

 

最後ヒヤヒヤさせてしまったけど

お料理は美味しかったです。おしゃれな味だった。

台湾に行き慣れている人や、台湾の今を感じてみたい人にはおすすめかも。

一人6000円くらいでした。

レシートの出方も面白かったよ。

 

 

それから日本の蔦屋的な誠品書店へふらり、というか結構必死で立ち寄る。

なぜなら引き続き土砂降りだから…

 

 

そしてホテルへ帰宅。

 

 

スニーカーの中までぐちょぐちょで

これはちゃんと乾かさないと。明日も引きずるのはイヤ!

ということでドライヤーをひたすらかけるけど一向に乾く気配なし。。。

 

そこでひらめいちゃったのが、母さんの知恵「新聞紙を丸めて靴の中に入れると乾く」!!てやつ。

時刻はもうすぐ0時です。

パジャマにも着替えてしまいました。

フロントに電話して届けてもらおう!

電話すると日本語話せないスタッフ出たT_T

 

英語で新聞紙を持ってきて欲しいと伝えると

英語でペラペラペラーと言われもう微笑むしかないT_T

よく聞いてみると何新聞?とか日本語?中国語?とか

目的を言っていなかったのでそりゃそうだよね、という内容でした。

でもこの母さんの知恵は中国でも通用するのか?

それを英語で説明するなんて無理〜

なのでもう大丈夫です。と伝え電話を切りました。

 

トライ失敗。。

 

しかしその数分後、スタッフの人が部屋まで来た!

期待してドアを開けるとバスタオルをたくさん持ってきた⬇︎

どうやら乾かしたいのはスーツと聞き間違えていたらしい。。。

そこで靴を見せて説明するも、母さんの知恵が伝わったかは分からないけど

新聞は今無いと言われ(えー!)結局諦めることとなったのでした。

あー英会話。苦手。話せるようになりたい。

疲れた…

でもそれも思い出。

 

 

 

そしていっぱい食べた!!

 

盛りだくさんの1日目が終了。

 

 

 

 

 

 

 

trip comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>