台湾 2日目

2日目 早朝7時

朝ごはんを食べに阜杭豆漿(フーハンドウジャン)という人気店へ行きました。

ホテルの目の前だし、7時だったらそこまで並ばないかなと思いきや

6時に窓から見えた時点で大行列していた。。すごい。

 

結局30〜40分くらい待ったかな?回転は早かったけど。

 

 

お盆を持って厨房の前のカウンターから注文して

おばちゃんがその場でよそって渡してくれる

いわゆる学食スタイルです。

 

鹹豆漿という豆腐のスープみたいなやつが一番人気らしく

頼んでみたのですが、男性陣はパクチーが苦手で

注文時に「不要香菜」と言ってと言われていたので

タイミングを図っていたら

パクチー入りが二つ渡されてしまったよ…

目を合わせてくれなかったから前の人の分かと思っていたら

うちらの分だったよ…

 

今更「不要香菜…(だったんだけど…)」と言ったら

 

おばちゃん、

「チッ」

「ハッキリ イウー!!!(怒)」

 

公開舌打ち&怒られたよ…

なんで私が。私はパクチー好きなのに。

 

結局おばちゃんはよそい直してくれました。

だけどその後夫に「パクチー入りも食べてみたかった」と言われ「おい(怒)」と思いました。

 

。。。なんか一人空回っているな〜

それも思い出。

 

他にももち米の中に肉が入ったおにぎりや

卵焼きが挟んであるパン

キャラメルが練りこまれたパンも購入。

 

 

傷心だったけど美味しかったから良しとすることとする!

 

 

それから一旦ホテルに戻って、また9時から街へ繰り出そう!

と言っていたのだけど、、、

急に具合が悪くなりまさかのダウン。。。。

昼まで寝てなんとか回復。おそらく寝不足が原因だったと思われる。情けない。。

 

 

そういえばホテルのサービスで携帯電話の貸し出しがあって

1日目は部屋どうしの通話が無料ていうだけだと思っていたので持ち歩かずにいたのだけど

よくよくサービスを見直してみたら、携帯持って出れば外でインターネット使えるし

部屋番号で通話もできるし、地図も見られるということに気がつきました。

1日目にそれが分かっていれば雨の中で本を広げることもなく道に迷うこともなかったのにね…

ただこのサービス最高すぎた!それからフル活用しました。

 

 

昼頃、友達夫妻と合流して

友達の知人がやっているというharittsというドーナツ屋さんへ。

 

 

代々木上原にもあるのですが前に行った時は行列で諦めた人気店。

知人の方もいらっしゃって台湾のおすすめスポットなどを教えてもらいました。

なんだか台湾の空気をまとった人だった。面白くて緩かった〜

旅先の住んでいる人と話せるって良い。

 

私は本調子ではなかったので食べられなかったけど

夫いわくドーナッツとても美味しかったらしい。

 

 

 

本当はこの後九份へ向かう予定だったのだけど

初日に「九份(観光)より食じゃない?」となり九份行きは無しになったのでした。笑

 

1分でも長く食べたい。

1品でも多く食べたい。

1本でも多くビール飲みたい。(約2名)

 

みんなの意思は固かった。

なんつって。

 

 

 

それから教えてもらったお店に昼食を食べに散歩がてら向かいました。

 

 

台湾は路地が良い。

 

 

窓の装飾も可愛い。

 

 

 

お昼ご飯は鶏鍋が有名なお店驥園川菜餐廳へ。(読めない)

 

圧巻の準備中鶏鍋。

ものすごく美味しそうだった…

 

だけど鶏鍋はいいお値段だったので

青椒肉絲とか海鮮炒めとか牛肉鍋を注文。

 

写真撮っていないけどどれもすごく美味しかった!!

特に牛肉鍋のスープが苦手な八角が効いているんだけどとっても深くて美味しい。

食べたことない味だった。

 

 

次は迪化街という問屋街へ。

お土産や雑貨を買うんだ♪

 

 

その前にまた食。

 

古早味豆花

 

トッピングがたくさん♡

 

 

レモン風味のタピオカとゼリー入りと芋のお餅が入ったものを注文。

さっぱりしていて食感も楽しくて美味しかった。

 

 

それから迪化街に到着。

 

 

 

まずは乾物屋のオンパレード。

というか同じような店がずーーーと続くのと

八角などの匂いで、だんだん何も考えられなくなる…

 

一度立ち止まってドライマンゴーを食べてみたけど

それがすごく肉厚でものすごく美味しかった!!

のに、迪化街魔術によって買う気起きず。

今思うとなぜあの時買わなかったのか!すごく悔やまれる。

 

可愛いポイントもあるけれど、

迪化街は奥まで踏み込む前、入り口付近のお店で買った方が良い(正常な判断できそう)と学びました。

 

 

 

 

夕方、私たち夫婦は一旦ホテルに戻ることに。

友達夫婦はこの後台湾シャンプーを体験したそう。

後で合流した時、二人とも髪がさらっさらだった!

 

私たちはホテルの近くのオーガニックスーパー天和鮮物に売っているという

酵素精力湯なるものを食べに行きました。

本にこれを飲むと疲れた体や胃腸がすっきりリセットされる、と書いてあったからです。

 

そうです。私は結構疲れていました。どこもかしこも。

飲んだら今までの疲れが消える飲み物なんて夢、希望、ありがとう!

と期待に胸膨らませ注文。

 

結構大きいサイズなうえに山盛りきた。

 

しかしこれが私たち夫婦の口には全く合わず、、、

食べても食べても減らない。

ただただ苦痛。笑

 

味はうすーい漬物と野菜の絞り汁とかすかに果物を感じる系の…うまく表現できない。

 

そしてどちらかというとより疲労した感じになった。

なんでこうなるんだろう。

 

 

 

友達夫婦と合流して、足裏マッサージに行きました。

ツボの効能をかなり真剣に信じている私は、足裏マッサージをとても楽しみにしていました。

 

スタッフは皆お母さんみたいな優しげなおばちゃん達。

4人並んでマッサージスタートです。

 

私と友達夫婦はおばちゃん達によるマッサージがスタート。

しかし夫の担当が現れない。。

そしてしばらく遅れておじさん登場。無骨そうな…高倉健さんみたいな雰囲気。(顔は似てない)

みんなが予想外の人物の登場に固唾を飲んでいたら

ガコッ!!!

足で椅子を蹴っ飛ばした…

シーン。

 

夫の骨砕かれるか、なんてことを想像していたら意外にも?夫が一番痛がっていなかった。。

夫が元気だったのか、おじさんが優しかったのか、どっちでしょう。

 

私はところどころ悶絶。

友達の旦那さんは目も鼻も耳も他にも色々ほとんどのツボで悶絶していた。一番若いのに。

痛いのは悪いというわけではなく疲れているからだそう。

夫はひたすら「睡眠不足…」とつぶやかれていたそうです。

 

 

そして最後は温タオルで包みあげ最高に気持ちいい〜〜〜謝謝〜

と思っていたらさらに最後の仕上げにスネとふくらはぎを裏拳で叩き始めた!

これが骨砕けるwてくらい痛くて、やばいんじゃないの?!てくらい痛くて、

でも私が弱いだけなのか?本当は気持ちいいの間違いじゃないの?と葛藤

している間に30分経過〜終了。

 

 

施術後は足がとっても軽くなって

軽く跳ねながら夜市へゴー

 

 

寧夏夜市へ

 

 

ものすごい勢いで食べまくった!

 

 

どれもこれも美味しかった!!!

特に下から2つ目の鶏肉のご飯、最高。

 

 

お腹も満たされ、最後の夜だしまだ飲みたいね

ということで中山あたりでバーを探す。

 

そこで見つけた1軒のバーが素敵すぎた。

BAR小谷

小さな木戸を引くと奥には薄暗い照明の中浮かび上がる美しい木のカウンター

でも、カウンターに4人だと話せないし、そもそもワイワイおしゃべりを楽しむ雰囲気ではないのをビシッと感じてしまい諦めました。

ただ、私たちがどうするどうする?と話している間にどんどんお客さんがやってきて、5分くらいで外に待つ人の列が出来上がっていた。

知る人ぞ知る大人の隠れ家バー。私にはまだ早いかも。そもそもお酒飲めない…

 

 

そこで見つけたのがホテルからすぐのところにある、

文化商業施設 崋山1914の中にあるカフェバーTrio café三重奏。

 

 

みんなで乾杯。

そして旅の思い出を振り返りました。

 

私もお酒を久々に飲んでみた!紅茶のカクテル。

2cmでろれつ回らず目がイっちゃう。。。お手軽!

 

 

2日目終了。

 

 

 

trip comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hakutou6.jugem.jp/trackback/457
<< NEW | TOP | OLD>>