スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ART NIGHT
23日



NO MAN'S LAND 創造と破壊@フランス大使館



フランス大使館が2009年11月に新庁舎に移転したことで
取り壊されてしまう旧庁舎。

それは1957年にジョゼフ・ベルモンによって設計されました。

その歴史的な建築物が解体されてしまう前に
屋内から屋外まであらゆる空間を利用して
日本、フランスなどの有名アーティスト達の作品を展示。

最初で最後の一般公開となりました。




会場は、多くのお洒落ピーポーで賑わっていて
人だけでもテンションが上がる

そして「解体しちゃうし、やりたい放題!なんでもアリ!」なアートの数々は
わくわくするし、すっごく楽しい!!





この日は22時まで開場していて
私たちは17時に訪れました。

「アートナイト」を楽しむのさ。
これって何気にすごく新鮮。




透明な筒の中を白い羽が上がったり下がったり 幻想的な作品。 ぜひ生で観てほしい。




ベタベタや    植え込みにまでピンクのラインを描く徹底ぶり。



 





 今回展示されてた作品の中で
 どれか一つもらえるなら

 ←これが欲しい














本来の作品よりも展示スペースに惹かれることもある。


どーこーでーもードーアー みたい。

でも開かずのドア。













美しいものや可愛いもの、面白いものを観るのはもちろん好きだけど
私は作品の中に自分が入り込めるていうのが何よりも好き。

自分が参加してそのアートは完成する!と思っている。

…なんて横暴な。 


でもその方が作品を120%楽しめる。
作品だけじゃなくて、空間も時間も、全体を全身で楽しめる。
だから好きなんです。



その結果がこれ… ↓

「あなたのおしり」


自分の携帯置いてみたり  (ダメ?!)



  


 「師匠っ」







 

 「おじいちゃんとまご」
 
  あるいは
  
 「背後霊」







好きなんだもん…









 






トリコロール


パリジェンヌ気取りなジャパニーズ


本物のパリジェンヌ かないません…




フランスパン ぱくっ











たくさん写真載せましたがこれはほんの一部。

作品はものすごくボリュームがあって
他にもおもしろいものがたーくさんあります。

私は今回200枚以上写真撮ってました(!) 撮りすぎ…? 
だけどそれくらい心惹かれるものが満載です。

今月までの展示なのでぜひ行ってみてほしいです。






アートは観るもんじゃない 体験するものだ  by ペシェ



※ペシェ 1982年〜  
(フランス語で「桃」 メロコトンはスペイン語だたよイカちゃん!恥かしいです!)







art comments(2) trackbacks(0)
小五郎
16日



「愛のヴィクトリアン・ジュエリー展 華麗なる英国のライフスタイル」を観ました。








その前に、、

会場についたら、この間買ってこの日初めて下ろしたバッグの金具が壊れました。
あっという間にショルダーバッグがごろんとしたクラッチバッグに早変わりー



まだ下ろして1時間しか経ってないのにーーー



仕方ないので友達のエコバッグを貸してもらいました。。


これがほんとの「バッグinバッグ」 です…




2010年、始まって3週間も経ってないのに
不幸続きです。。。本当にツイテない。 なんじゃこりゃー









さて、愛の展示ですが…

英国王室にまつわる宝飾品や著名なコレクションをはじめとする
ヴィクトリア時代を中心としたジュエリーの数々が展示されています。


今から約200年前のジュエリーは、時の経過を全く感じさせないほど
その輝きは失われていなくて、美しかった。




今あるウェディングの習慣の数々は
ヴィクトリア女王の結婚式から広まり伝えられた
というのが興味深かったです。

      
   


   彼女は、自身のウェディングドレスを
   金糸や銀糸などの豪奢な衣装ではなく
   淡いクリーム色で、自国の産業を推奨するための
   ホ二トンレースが施された衣装にしたのだそうです


   女王としてではなく「花嫁」としてふさわしいスタイルで
   式に臨んだヴィクトリア女王の考え方が素敵。

  

  






他にも
蝶の羽を使ったものとか
黒人の女王(?)のカメオとか
細工が細かすぎて「肺胞」に見えたブローチとか…




おもしろいものがたくさんありました。






それからガレット屋さんでおやつタイム。

バターと砂糖(レモン風味)と、塩バターキャラメルをオーダー
半分こして食べるのです。
しかし友達と「薄い方と厚い方、どっちがいい?」で一悶着。


そうこうしてるうちにバター溶けちゃった。






バッグを交換してもらうため、丸の内へ。

交換品があるとのことで取り寄せてもらうことに。

よかったです。。






そのまま新丸ビルでご飯を食べることにしました。

お洒落なレストランで私たちが頼んだ物、それは

キャベツと塩昆布のサラダ…
カシスオレンジ…


ここだけ見るとまるでどっかの居酒屋みたい…


でもこれがおいしんだよな〜


もちろん他にも、丸の内らしいお洒落な食べ物もオーダーしましたよ。


だけど、〆は「たまごかけごはん」。笑

ぐちゅぐちゅや




人生で初めてのたまごかけごはんを食べたというみずきちゃん。

〜感動のポーズ〜
なんて贅沢なスタートをきったのでしょう。





まだまだ夜は続きます。


カフェに移動してカプチーノを飲みながら語り合う。



だけど最後の方はくっだらないことで大笑いしてました。



これ↓
みずきちゃんのペットの「小五郎」。 



小五郎



小五郎  うるっ!




小五郎 よーしよしよしよし!!    (どこがなにやらわかりまへん)





小五郎の開き(ひらき)






ファーの帽子で大盛上り。

この時はストローの袋の端切れでさえバカ笑いできた。




そういう時てあるよね。



そういう時が最高に好き。










art comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/2 |