スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
感じる服考える服



 

大きな梁で仕切られた空間に
日本の10組のデザイナーの作品を展示。

服の見せ方も様々で、そのクリエーションにわくわくさせられました。



楽しかったのは
ミナペルホネンの服を着たかのように見えるフレーム
よく観光地にある顔だけ出して写真撮るっていうあれです。

だいたいああいうのって絵と顔が合わなくて、変なバランスになってしまうのだけど
これは本当に着ているかのようにリアルに見えた。

憧れのミナの服を平面的ではあるけれど「着る」ことができて嬉しかったです☆

でも、あの謎な設置の仕方は何か思惑があるんだろうな。



もう1つは
ケイスケカンダ

4畳半の和室を構成する畳や障子や湯のみまで、全てが洋服の素材となる
ニットやレースなどでできていて、しかも色が微妙にニュアンスの違う白のみ。

なんともガーリーな和室でした。

私は、あの畳が心からほしい。



最後は
まとふ

無地の美しさを表現した展示

ここは実際に洋服を着ることができて、
初めてまとふの服を着てみましたが、とても素敵だった。
苔や砂利で構成された空間も美しかった。





なんとなく、最近は無難な服ばかり着ていて
昔はもっと変わったデザインのものを積極的に着ていたのに。

ファッションに対しての情熱がちょっと薄れていたなー


それは、自分のせいでもあるし
提供する側のせいでもあるかも? なんて言ったら偉そうだけど

お店には洋服があんなにあるのに、なんだか心惹かれるものがないんだもん。

同じに見える。
あっても高過ぎたり。


デザイナーの皆さんには、一般受けするものばかりではなくて
もっとオリジナリティを出したデザインを提案してほしいなと願いつつ

私は私でもっと、固定観念にとらわれずに
色々なブランドの服を着てみようと思った。見るだけではなく。 
買うかどうかは別としてね。


この展示を通して、私は「服が着たい」んだな。ってことがわかった。
やっぱり服って着てなんぼ。
着るのって楽しい。




そして、これは私の小さなつぶやきですが
服を着る展示をもっとやってほしいー!

特にコレクションに出ているブランドとか。そんな展示、夢です。

私はこの服が着てみたい! 永遠の憧れ
Alexander McQueen  06-07 Fall Winter


きっと『モデルって大事』て思うと思う。それ以前に入らないと思う。(そこ)






それから代々木八幡まで移動して
cafe shimaでお茶。

ここ初めて行ったけど、雰囲気もお料理(ケーキ美味!)もお店の人も
とてもよかった。




そこから渋谷へ向かう途中に


に楽しい寄り道♪


夜はみんなと合流し、ひろこの誕生会を開催しました。
お店はBio cafe

なんか、お店の雰囲気とサイトの雰囲気が違う。。


お料理は見た目も奇麗でもちろんおいしかったです!


特にパンがとてもおいしかった!




久々に4人で集まり、ゆっくりと話すことができて嬉しかったよー


「私が作ったカボチャの煮付けがふっつー事件」も起きたりして

悲しいやらおかしいやら。 

(食べてないくせに〜〜〜 えーん)



いつか、食べてないけど「おいしい!」と言わせてみせる!! 

ていう、意味不明な決意をしたのでした。




一気に日記を書き過ぎて、わけわかんなくなってきた…












fashion comments(0) trackbacks(0)
東のルルー
浅草橋にできた アトリエ兼ショップ&ギャラリーの
Le lieu(ル・ルー)

そのオープニングパーティに行ってきました。



ひとつのビルを3人の女性作家さんがシェアしていて
4F Coci la elle (日傘)
3F ito*mel(ニットアクセサリー)
2F Les toiles.rui(ウェディング)
1F Le lieu ショプ兼ギャラリー

という構成。

女性作家、シェア、アトリエ、ショップ、ギャラリー…
憧れフレーズのオンパレードです。 素敵!


しかも浅草橋っていうところがまたいい!
最近東京の東側に素敵なショップや空間ができていて
東の者(私千葉だけどね…ちゃっかり者)としては嬉しい限りです。

もっともっと東を盛り上げてほしい〜









ああ、私もほしいな〜
自分のアトリエ。


みなさんとてもキラキラしていて
今後の活躍が楽しみです。



帰りは、近くのイタリアンで食事をしたのですが
そこがまたアツくて…

天井や壁にはおもちゃやらなにやらが所狭しと飾られていて

天井に地球のビーチボールと紙風船… なぜ…

壁にはメッセージ。アツいっす。

でもヒーターの側面の「暖房の 暖房の」はダジャレです。

ボーノ!ボーノ! ていう…




ご飯屋ももっと頑張ってほしい〜

今後の東に期待してます。 
















fashion comments(0) trackbacks(0)
GOUTER


ヘアアクセサリーブランド「GOUTER」(グーテ)の
春夏コレクション展示会に行ってきました。 ずーーっと前に…。


場所は渋谷のNidi gallery。


ピクニックをテーマにした春夏コレクションは
奇麗な色とキュートなデザインで
心躍るアイテム満載で



女子たちが真剣に迷っていました。

あれもほしい〜
これもほしい〜

何度も何度もつけてははずし、

だけどそれはとても楽しい時間でした。

人生の選択もこういうテンションのばかりだったらいいのに…

て本気で思いました。




右上の麦わらベレーは友達がオーダーをつけていました。
なかなか上級アイテムだけれど、こういうのをさらっと身につけている人って
ほんと素敵。

どんな風に着こなすのか、楽しみだわー (ハードル上げました)


中央のバレッタはピーナッツをかたどったもの。
千葉人としてはとても気になるアイテムでした。

同時に、私は“千葉人”なのだなということを実感した瞬間でした。

(でも生まれは福岡だったりして。)





私も色々迷って
『プティ パピヨン』という名のカチューシャをオーダーつけてきました!

真ん中にちょこんとラフィア(?)のリボンがついてるカチューシャ。

友達も一目惚れし、私は黒、友達は赤を。
届くのが待ち遠しい!





このターバンも気になったもののひとつ。
すそにパールがついています。
ギャラリーのオーナーのアリサさんが三つ編みと一緒に編み込むという
上級アレンジを披露してくれました。(この写真だとわかりにくいけど)
さすが!

アリサさんって人魚なイメージ。




デザイナーのお二人(本当は3人)

見つめ合い、はにかむ。   かわいい!


スカートはお手製のものだそう。

お揃いの衣装 憧れます。

いつか 着よう  





・・・

後で聞いた裏話ですが、
私がオーダーをつけたプティ パピヨンはあまり手にとる人がなく
逆に、一番人気だったアイテムは私にとっては意外なもので…

私の好みって一般受けしないのか…
しかもトレンドにも鈍感ってこと?(取り入れるかどうか、ではなく)


ちょっとショックでした。




だけど
私は自分の感性を信じて突き進みます!


ていう、
かわいいアクセサリーの展示会の片隅でアツくなってた私でした。 

ずーーーーと前のことです。











fashion comments(0) trackbacks(0)
工事中
もうすぐ春がくる

そんな時期に、すっごくあったかいダウンコートを買いました…

私が持っているコートの中で群を抜いて暖かい…





色が微妙なブルーグレーで、着ると「工事現場の人」になってしまうため
売れ残っていたのですが、
この暖かさだったら工事現場の人でもいいやっ
て思っちゃうくらいの代物です。

それにこのファー

ふわっふわ…

フードをかぶるとアラスカの人になれます。


「アラスカの工事現場の人」…
でもいいんです。



着々と春めいてきている今日この頃ですが

もう少し冬でいてほしい 頑張って!

なんて今までではありえないお願いをしている私です。

ほんと、買うタイミング間違えました…

早く冬にならないかなー   うそ 





ところで、私はこの秋冬のセールで
気がついたらたくさん買いものをしていました。

結構厳選したつもりだけど、
ばかばか買っていた。 バカバカ…


アーツ&サイエンスの靴
フィリップリムのシャツワンピース
ハニイワイのコート
クロエのパンツ
クロエのブラウス
シーバイクロエのジーンズ
ミナペルホネンのコサージュ
そして今回のダウンコート。
と、ワンピースともう一着コートと
他にもまだ…



リボンが好きらしい。



じゃなくて、財布のヒモ 閉めよう。







fashion comments(0) trackbacks(0)
お洒落手帳:10AW









いつの間にかセーター着てて、UGGはいてて、マフラーしてて、手袋してて
着るもので冬が来たことを実感する。

今年は夏が長かったので
冬服の出番が遅れていましたが、
最近の夜の寒さに新しい冬物がほしくなり、いくつか購入しました。


だけど買物するにも限界があるので
SSの時にやったあれをAWでも試みてみました。


「お洒落手帳」と名付けよう。 


今回はまっっったくまとめきれてなくって、すっごいボリューミー…
10SSのお洒落手帳がものすごくシンプルに見える。。


とりあえずこれらを見て、ため息をつきたいと思います。


はあ〜   素敵。








やっぱりドリスは一番なのです。
特にシルバーのドレスにグリーンのパンプススタイルはど真ん中。







クロエやロエベのニットスタイルがとても好きです。
やっぱり全身同系色スタイルが好き。
ステラマッカートニーの全身グレーもかっこいい。
以前からよくやってますが、いつもブーツかスニーカーだったので
写真のようにパンプスを合わせてトライしてみたい。
でも寒いのでたぶんできないと思う。


サカイのダッフルコートはもう在庫ないだろうなあ。
もし出会えたら絶対買いたかった。 


ピーターイエンセンの白い服にベージュの靴下と靴というスタイルもかわいい。
(靴はマークジェイコブス)
でも色んな意味で無理だろうなあ。気温とか年齢とか肌質とか… 無念。


ていう↑コメントはすべて残念系でまとめてみました。 なんでやねん。






■SHOES



ドリスのグリーンの靴は買おうと決めていたのだけど
またもや色んな事情により諦めました。
ヴァレンティノはいつも靴が素敵。
ランバンのバレーシューズはちょっと狙っています。
ルイヴィトンは革使いに色使いにツボでした。
でもこのヒールの高さ、私巨人になっちゃいます。その前に歩けないでしょう。


あ、また残念系コメントだ。






■BAG


ジバンシーのバッグはグローブとバッグが一体化しているもの。
美しいけれど、一般人が持ってたら笑ってしまいそう。
だってバッグ置いたら手も取れるんだよ。ドッキリみたい。


あ、まただ。







〜私の秋冬ファッション〜


先日、過去のコレクションですが1足購入しました。
しかもセールでゲット。
マークジェイコブスのフラットシューズです。
深い赤に金糸などで花柄が織られていてとても高貴な雰囲気漂う靴です。。

何に合わせて履こうか… 
どうしよう…





あとは今シーズンの大ヒットニットがこれ。
こんなに編みが凝っているのにお手頃価格で。
しかも後ろ前逆で着れば、セーターとカーディガンが楽しめるというおいしい子。
あたたかいし色もいいし合わせやすくて大好き!褒めちぎっちゃう!






それからこの間、髪の色を変えてみました。

ひさしぶりに脱色。
痛めつけるダメな私。

脱色時、プロレスラーか宝塚かっていうくらいマオレンジの髪の自分が
怖すぎて直視できませんでしたが
できあがりは奇麗なアッシュ(みどり)。

とても好みの色で、森の妖精色〜♪なんて思ってたのだけど、

2人に「こんな色で会社は問題ないの?」と言われ
会社の人には「み、みどり…!」とぎょっとされ

思ってる以上にやばい髪色だということに気づきました。
が、時すでに遅し。

これからどんどん色が抜けていって明るくなってくるらしいので
ちょっとひやひやしています。


やばい。 






という楽しいファッションの話が、だいたい残念系のコメントでまとめられてしまいました。


うそうそ、ファッションて楽しいしどきどきわくわくするよー

みんなでファッションを楽しもうー


とりあえずクリスマス!! 

いつかのクリスマスみたいに「自分もみの木」にはならないぞおー


(あ、でも髪色みどりにしちゃったよー 今年もなるのかー どうなっちゃうのかー)






fashion comments(0) trackbacks(0)
10SS
そろそろ衣替えの季節です。

最近は安いものでいいものを見つけるようになってしまって

ハイブランドを扱っているお店にも足を運ばなくなってしまいました。


ちょっと寂しいけど、
現実問題、それが私には適当なわけで。



「あー お金欲しい」


なんて無意識につぶやいてたり…




…なんかヤダ。







そんな私の欲求を満たすべく、

2010年春夏のコレクション画像をピックアップして

根気よく切り抜きし

スクラップブック的なものを作りました。


一生懸命一生懸命…








2010SSのだんとつお気に入りは

やはりドリス・ヴァン・ノッテン。


ここ最近は、いつもドリスがベストコレクションとなっています。
いつもながら柄の合わせ方にうっとり。

あの柄にモノトーンのバイカラーのパンプスを合わせるなんて… メモメモ!

一番右のような、チノパンスタイルは取り入れやすそう。

アクセサリーもボリューム有る派な私にとっては、どんぴしゃ。 

全てが好きすぎます。ドリス!  (リスつながりで…町田リス園にも行きたいな!)




 






その他のお気に入り







セリーヌが打ち出した
ミニマルなスタイルも気になります。

かと思えば、シャルル・アナスタスの遊び心あるボリューム感も好き。

ヴェレンティノやエトロのエアリーなドレスは永遠の憧れ。

似たようなシルエットのワンピースを去年買ったので、今年はたくさん着よう。
でもこの形、風がふくとものすごくめくれ上がるのが困りもの。









私は靴が大好き。

履きたいというよりも眺めていたい。

華奢なものよりもボリュームがあるものが好きです。







ジルサンダーのあのヒールは大丈夫なのだろうか…
だけど、鉄(?)のヒールと美しい色とカッティングの革部分、木のソールという
様々な素材のミックスが最高にお洒落だと思う!


ニナリッチ、プラダも素敵…

ヴァレンティノは美しすぎる!!







今シーズンのお気に入りバッグは
フェンディとプラダで。

フェンディのバッグは、手作りの懐かしい雰囲気漂うのが逆に新鮮。
「フェンディ」て言われなかったらブランドものなんて思われなそう。
手芸屋さんにありそうな。 それがまた素敵。






アクセサリー

シャネルのタトゥー       ニナリッチの手元はぜひやってみたい。











実際手に入れられるものなんかほとんどないのだけど



それでもいいの!



私にはまだ早いし。
絶対ケチャップ付けるし。


憧れとして
並べてみるだけで結構幸せな気分になれるものです。




安上がりな人…







だけど、やっぱり着てみたい。




あー お洒落したい。






fashion comments(2) trackbacks(0)
(500)日のサマー
11日




(500)日のサマーを観ました。

 


恋愛物は、映画も小説もマンガもドラマも絶っている私ですが
(だって夢見ちゃうから。現実と向き合うのだ!涙!)


とにかくサマー役のズーイー・デシャネルがかわいいので観たかったのです。


実際、ファッションがものすごくかわいい。インテリアもかわいい。
すべてがかわいい。
特に女子のみなさんには観てほしいです。

(だけど何故か映画館にはピンおじさんが多かったです。だから男子もOKです。)



ストーリーは、普通の恋愛映画とはちょっと違った展開で

私の率直な感想は「リアル。」でした。


私が言うのもなんですが… たは!




私はサマーの考え方に
一緒に観たイカはトムの考え方に
多く共感する部分があって

同性でも恋愛観は人それぞれだなーと。




なんだか根本的なことを考えさせられた映画でした。
「〈恋愛〉とか〈つき合う〉とか〈恋人〉とか、〈運命の人〉とか それってなんだろう?」て。


結局深くなりすぎてよくわかんなくなっちゃったけど。。



 
考えても仕方ないか。



理屈じゃないんだろうなー








映画を観た後は銀座をぷらぷら。

ほしいものが高価なものばかりで
お財布のヒモがなかなか開きません。


だけど、丸の内でようやく初!セールでお買い物ができました。

 



 TILA MARCHのスエードのバッグ。

 普段使い用のが欲しかったのだ。

 嬉しーーーい!





これを持っていつか動物園に行くぞ!  なんとなく、動物園。








fashion comments(2) trackbacks(0)
むらさきのソファ
冬の匂いがします。



どんな匂いかって、

みかんの匂いとかストーブの匂いとか

そんな乙女がっかりな匂いじゃなくて、


空気が冬の匂いなんです。 …わかりますか? 


どっちにしろ乙女がっかりな表現力で 残念ー






結婚式前になると、お洒落するために、洋服屋行ったり、美容院行ったり

女子は本当に忙しい。 それは楽しい忙しさ。




私は今回、ドレスもバッグも靴もアクセサリーも持っているものでなんとかしたのですが


やっぱり髪の毛だけははずせなくて、

なんと2カ月前からこの結婚式に向けて計画を立てていました。


だからもう、髪の色なんか限界を越えてて、
(だって2カ月前の時点で「富士山」だったので)ひどいことになっていましたが

気合いで乗りきりました!!  それは「見て見ぬふり」とも言う。





念願のカラーリング

いつもアッシュにするのだけど、今回は紫にしようと決めていました。


ちょうど、美容院のソファが理想的な紫で、

↓この猫を汚した感じの色だったんだけど、
わかりづらい…


でも、まんまその色にされちゃうと、アニメになっちゃうていう


あー難しい。



勇気を出してストレートに美容師さんに「あのソファみたいな紫にしたい」と告げたら、


美容師さんは目を丸くして、 そして無言でした。





そんなこんなで出来上がった私の髪は、ビミョーーーに紫で

ぎりぎりすれすれのラインを表現してくれた美容師さんに

「ありがとう」と言いたいです。


いつも変なリクエストをしてごめんなさいね。







ところで、この日、私はちょっと大人っぽい格好をしていて

そうですね、

ぶっちゃけるとこの人みたいでした。

この人↓
美。                     CHLOE 09-10AW Collection



あ、自分で言って笑っちゃうかも…





そして髪をセットしてもらったら


私、すごい「女」でした。


美容師さんも「女だねぇ」って言いました。



キャラが違いすぎて、二人して思わず吹き出してしまうほど。




そう、あの時私は「女」でした。 






あ、やっぱり笑っちゃう。





27歳の目標はフェロモンを出すことでした。 結構忘れてるんですが。



美容師さんに「フェロモン出てますか?」って聞こうと思ったけど、

聞いた時点でフェロモン消えそうだったのでやめておきました。





もしかしたらあの時の私は、本物の「フェロモン放出女」だったかもしれません…


(ていう勝手な推測。)


ていうか「フェロモン放出女」て、 妖怪みたい。










その日、

petiterobenoireに行ったら、素敵なアクセサリーに出会ってしまった。
小さいパールのネックレスと
アンティークのゴールドのイアリング

どちらも、

マニッシュな格好に合わせれば女性らしさをプラスしてくれるし
フェミニンな格好に合わせればモード感をプラスしてくれる


ここのアクセサリーは、ほどよく崩してくれる 絶妙な感じが好きです。








冬のお洒落を楽しみましょう










fashion comments(2) trackbacks(0)
乙女の夢
美容院に行きました。


長さはあまり変えず、ただ髪の色をなんとかしたいなーと思っていたのですが、

カラーじゃなくてなぜかノリでパーマをかけてしまいました。。。



最後に美容師さんに「頭が富士山みたいになっているから早くなんとかした方がいいよ」

訳:てっぺんとすその色が違う

と言われなーんか悔しい。




その後、友達のいるカフェに行ったら

「これから美容院行くの?」と言われてしまいました…

地味にショックでした…  笑



でも久々に話ができて嬉しかったー 今思うと、あのタイミングって良すぎたよね。





おいしいキッシュランチを食べて、食後に紅茶飲みながら
「ちびまるこちゃん5巻」を読みました。


これがすっごく汚い本で、だって十数年ぶりに本棚から出したから

『この乙女なカフェのほっこり空間に出す本じゃないよなぁ』と思いながらも、

やっぱりまるちゃんはおもしろくて、一人すみっこの席で食い入るように読みました。
 
まるちゃん最高。






それから恵比寿をぷらぷら


再びnaughtyへ。


以前、ここで超理想的なカゴバッグを見つけたのに、
油断したすきに他の人に買われてしまったという… しかも最後の1個。

あのお店です。


実はその後も何度か入荷の電話をいただいてたのに
ことごとくタイミング合わず。

縁がないのかと思ったけど、この日、ありました!


そしてついに手に入れましたー  

ふた付きってのがポイント高し。 しかも千円台!

あー嬉しいー




でも超かさばるー しかもこの日大雨ー

持って帰るのがめちゃくちゃ大変でした。
コンビニで一番大きい袋もらいました。
しかも2つも。何も買わないくせに。フフフ 



やっぱりこのカゴとはただならぬ縁を感じます。 ていうかやっぱ縁がない…?



ふたの持ち手には最近はまっているタッセルをつけました。(仮で)

変わったタッセルたち。







それから靴下も買いました。

わざわざ日記に書くようなことでもないけど。。。


でもこの靴下の編み方とか厚みとか色とかプチプチ具合とかすごく理想的で。嬉しいの。
ドイツの老舗ブランドのもののようです。







それから大好きなアクセサリー屋さん petite robe noire へ。 

ここにくるといつも買ってしまいます。
今回はペンダントを買いました。


いつもドライフラワーと一緒にラッピングしてくれます。

さらにお店では、いつも飲み物やお菓子を出してくれます。
この日は、甘くてバラの香りのする冷たい飲み物でした。



乙女の夢です。




ペンダントは、ヘッドの部分がアンティークで、チェーンはお店のオリジナル。

三角形のヘッドが派手すぎなくて、でもシンプルな形の分映えるのです。

そして、長さが絶妙。
ちょっと長め。

ロックな服と合わせてみました。
 













  



「ひたいに、ひたいに何かがー!!」







すごい前にロックなタンクトップが欲しくてこれを買ったのだけど、
これは、ロックでしょうか?


ロックかどうかよりも、この顔を見る度に「この子絶対幸薄い」と思います。



顔プリントの服を着るとどうもそわそわしてしまう。
もーれつア太郎みたいな気分になります。

ア太郎の気分なんて考えたこともないけど。



時々、生地を引っ張って顔芸させて遊んでます。 







帰り、丸の内の地下を歩いていたら、

人がまったくいないことに気がつき、ちょっと嬉しくなりました!

だから写真撮りました!


ひろーいのに誰もいない。 と思ったけど奥の小さいの、あれ人かも… ちっ


とにかく、丸の内はこういう場所が結構あって、楽しい。



いつか踊ってみたいなー という夢があります。 



別に叶わなくてもいいけど。




写真撮ってたら、後ろから足音が。


誰もいなかったのは私の前方だけ。後ろには人がいたようです。

踊らなくって、セーフ。 






久々に自分の買物をしました。

髪型も(誰も気づかないけど)変わったし!
森ガールみたいなアイテムたくさん手に入れたし!
ちびまるこちゃん読んだし!



乙女に磨きがかかったかな〜



なんつって!
















fashion comments(0) trackbacks(0)
夏服 山 エンジン
私は夏服が好き。

基本的に重ね着が嫌いなので、一枚でさらりと着られる夏服は
ほんとーに好き。あー好き。好き好き。

てくらいすごい好き。(しつこい)




タンスの中は夏服でごった返していて
入りきらない服もいるほど。


整理しなきゃ!



ということで、タンス整理に乗り出しました。



まず、タンスの中の服を全部出します!


 


えーい














やー













とー






山ができました。 



名付けて、「桃服山(ももふくやま)」。
昔話に出てきそうですね。


「百福山」

漢字を変えるとよりおめでたくなりますね。ていうかすっごいおめでたくなりました。


あるいは、「Peach Clothes Mountain」略して「PCM」。
単語を英語に言い換えただけ。でも、なんかかっこいい…




で?


ってかんじですが。







そうそう!

服の整理服の整理!


この山を一枚ずつ崩してはたたみ、崩してはたたみ


で、


終了。 



ふー



なんとなく色別にしてみました。


奥がピンク〜茶系

中の2列が白系

手前が青系



うふ! 楽しい…。



 私は暇…? 汗




こうして色別にまとめてみると、
自分の好みがわかって楽しいです。

黄色系の服はほとんど買わないようだ。





一つひとつの服と改めて向き合うと
その服にまつわる思い出が頭の中をかけめぐります。

たくさんの思い出がある服、
そうでもない服。


大体旅行に行く度に旅先にあった服を買っているので、(自己満ですが)
服とともに旅の思い出が甦ってきます。

あとは、この服を着て突っ込まれた一言とか、
(ヤクザみたいとか、今日は全身ビミョーな茶色だねとか…)

この服とこの服とこの服と…は学校さぼって買いに行ったなーとか

失恋して初めてヤケ買いした服とか(「失恋したから」ってのはこじつけだったなーとか)



音楽と同じ。
服を見ると色々な時にタイムスリップする。
だから捨てられないんだなー





さて、整理に戻って、



これらをタンスにしまっていくと… 空いてる引き出しがいくつも。。。


どうやらまだ開けていない夏服の箱があることが発覚  ! 



もうエンジン切れちゃった。








 



fashion comments(2) trackbacks(0)
<< | 2/3 | >>